痛快無比!山陰風情の優遊日記

   IMG_74210.jpg
   バイクと仲間たちの素敵なメインイベント。今回は、但馬山陰を舞台にエンターテイ
   メントが炸裂。過酷な環境を生き抜く知恵と技術を学び、絶景美景を駆ける快適走行
   や温泉と味覚も存分に楽しみました。当然、喜びと笑顔が咲き乱れる伝説の宴会も。

   IMG_1156.jpg
   プァ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ♪♪

   IMG_0063.jpg
   あれは~” 特急こうのとりや!!

   IMG_1162.jpg
   山陰線の特急はのどかやなぁ~

   IMG_0908.jpg
   城崎温泉駅が見えてきたぞー! 

   IMG_0065_202210211243509a6.jpg
   懐かしい色の気動車は郷愁を誘うわ!

   IMG_1172.jpg
   7つの外湯めぐりで有名な城崎は兵庫県を代表する温泉です。

   IMG_1174.jpg
   城崎は夜が素敵。軒を連ねる宿の灯りと柳小路の温泉情緒は幻想的です。

   IMG_0912.jpg
   城崎の夜もええやろうねぇ~♪♪

   IMG_0067.jpg
   考えるわ! 楽しみにしとき~~~~~~~♪♪

   IMG_0071.jpg
   カニで有名な津居山港に来たぞ!

   IMG_0069_20221021004039412.jpg
   蒼天景色に白い漁船か! 絵になるなぁ~

   IMG_1178.jpg
   ここから但馬漁火ラインの始まりやでー!

   IMG_1179.jpg
   ブィ――――――――――――――――ン

   IMG_1180.jpg
   海を背にベテランライダーが整然と繋がって実に爽快です。

   IMG_0920.jpg
   ブオ オ オ オ  オ  オ   オ ー !!

   IMG_0917.jpg
   ド ド ド ド ド ド ド ド ド  ド  ド ー!! 

   IMG_1208.jpg
   今回のツーリングは貸し切り尽くしの豪華版です。

   IMG_1184.jpg
   このゴルフ場は飛距離より正確性が要求されるトリッキーなコースらしいです。

   IMG_1185.jpg
   ゴルフとは無縁のバイク集団が警戒されそうですが、ご安心ください。

   IMG_1186.jpg
   クラブハウスのレストランを貸し切りでご用意いたしました。

   IMG_1200.jpg
   展望優れるレストランから山陰海岸の絶景が望めます。

   IMG_1193.jpg
   清楚な空間に和・洋・中なんでもござれ。ごゆるりとお楽しみください。

   5O9A5798.jpg
   毛根までワサビの激震が! クウゥ~~

   5O9A5796.jpg
   育毛ワサビかも知れんなぁ~

   5O9A5795.jpg
   どうやら一番人気は鰻丼のようでした。

   IMG_1197.jpg
   山陰海岸はユネスコの世界ジオパークや!  そうでっか?

   IMG_1205.jpg
   ゴルフもよさそうやな~    やったことありませんわ!

   IMG_1204.jpg
   俺も未経験や!    自分は性に合いまへんわ~

   IMG_1196.jpg
   我々はバイクよりアレが似合いそうやで!

   IMG_1212.jpg
   わしはバイクが ” ええぇ~~~  死ぬまでバイクやー!! 

   IMG_1219.jpg

   IMG_1224.jpg
   ブォ―――――――――――――ン

   IMG_1221.jpg
   ブイィ――――――――――――――――ン

   IMG_1223.jpg
   ボ ボ ボ ボ ボ  ボ  ボ ー!!

   IMG_1238.jpg
   秋天に抱かれ但馬漁火ラインの絶景を快走します。

   IMG_1239.jpg
   ギュ―――――――――――――――――ン

   IMG_1234.jpg
   青い海に青い空! 最高の景色や~~♪♪

   IMG_1235.jpg
   4週連続の雨が嘘のような上天気や!

   IMG_1241.jpg
   前方の視界が広がってきたぞ~

   IMG_1242.jpg
   紺碧の水平線に吸い込まれそうや!
 
   IMG_0942.jpg
   ブオ――――――――――ン 

   IMG_0943.jpg
   ド ド ド ド ド ド ド ド ド ド ー!!

   IMG_0945.jpg
   この先で休憩ですよー!!

   IMG_0957.jpg
   青雲と紺碧の舞台を遮るものがない素晴らしい美景です。

   IMG_0956.jpg
   漁火ラインのビューポイントで休憩タイム。

   IMG_0133.jpg
   博士の昆虫採集が始まった!  子供は虫が好きねぇ~

   IMG_0135_20221021005037fc9.jpg
   両手に獲物を掴んどる!       昆虫も災難やで~

   IMG_0134.jpg
   何を捕らえた?    バッタを二匹! 直趐類や~

   IMG_1287.jpg
   こやつは昆虫の敵だぞー!  違うわい! 味方やぁ~~  

   IMG_1286.jpg
   山陰海岸ジオパークを背に昆虫騒動を収めました。

   IMG_0136_202210210052598cb.jpg
   香住漁港に向けて海辺を駆け抜けます。

   IMG_0960.jpg
   ブオ――――――――――――ン

   IMG_7439.jpg
   香住漁港を通過すると美しい景色と景勝地が続きます。

   IMG_7421.jpg

   IMG_7438.jpg

   IMG_7443_20221021005306129.jpg

   IMG_1303.jpg
   本日の宿「庵月」に到着。

   IMG_7445.jpg
   庵月は庭木茂る広い中庭の周りを包むように上質な6部屋が独立して構えられ、閑静
   で趣のある和の静寂空間では、庵月だけの緩やかで優しい時間に癒されます。そんな
   庵月のすべてを今回は、完全貸し切りでご用意いたしました。

   IMG_1308.jpg
   宿は貸し切りだって!  技研はやってくれるな~

   IMG_1305.jpg
   重厚な宿やなぁ~   予算は大丈夫か??

   IMG_7486.jpg

   5O9A5979.jpg
   ワイワイ・ガヤガヤと賑やかに各自お部屋に向かったようだ。

   IMG_7487.jpg
   安土城の天守に似た館から左右に廊下が伸びています。

   IMG_7498_2022102517351081a.jpg
   大きなガラス越しの草木にやすらぎを覚える。

   IMG_7497.jpg
   夕日がのぞく廊下を抜けると庵月の真髄が。

   IMG_7500_20221021005718042.jpg
   回廊の軒先の美しい景色と天守の館に魅了されてしまう。

   IMG_7495.jpg
   静寂な時が流れる澄み切った空気感が素晴らしい。

   IMG_7504_20221021005722f0d.jpg
   青藍の空が優しい陽をそそぐ館は厳かで印象的だ。

   IMG_7488_20221021005723ab2.jpg 
   極楽~! 極楽~!

   IMG_1313.jpg
   ああ~ ええ湯じゃ~~♪♪

   IMG_1314.jpg
   キンモクセイの香りもたまらんわ~

   IMG_1316.jpg
   たそがれシニアも悦楽の境地のようです。

   IMG_1309.jpg
   上質で粋な和洋室は二間続きで庭付き露天風呂も備わります。

   IMG_7522.jpg
   ここで日常を忘れる庵月を少しご案内いたします。

   IMG_7473_20221025173515a11.jpg

   IMG_7475_20221025173517d7e.jpg
   女性がご利用の部屋も洒落た庭付き露天風呂。

   IMG_7483.jpg
   幻想的な演出照明のメルヘンチックな寝室。

   IMG_7457_202210210100282d0.jpg
   マッサージ機も併設された極上の贅沢空間。

   IMG_7532.jpg
   日も暮れてきたので外の様子を見にいきましょう。

   IMG_1328.jpg
   灯る行燈が夜の帳を告げる。      ♪♪〰♪♪〰 ♫〰 ♬〰 ♫〰 ♬〰 〰

   IMG_1336.jpg
   誰が教えてくれ~たのか ~  忘れたけれど 折り~鶴を ~♪♪ 

   IMG_1338_20221021010240bc8.jpg
   無~邪気だったあの頃 ~  今は願いごと ~♪♪

   IMG_1340.jpg
   折ってたたんで裏~がえし ~  まだおぼえてた折り~鶴を ~♪♪ 

   IMG_7546.jpg
   今~ あの人の胸に ~ とばす夕暮れどき ~~♪♪ 

   IMG_7551.jpg
   わ~たしは 待っていますと 伝えて ~  いつでも~きれいな 夢を ~~♪♪ 

   IMG_7547_20221021010246ed1.jpg
   いろんなことがあるけれど ~ それは誰でもそう~だけど ~♪♪ 

   IMG_1333.jpg
   悔い~のない青春を ~ 詩って歩き~たい ~~~~♪♪

   IMG_1365.jpg
   女将の挨拶と料理の説明を受け「伝説の宴会」が2年ぶりに始まります。

   IMG_1366.jpg
   乾杯の前に豪華料理の一部をご紹介いたします。

   5O9A5806.jpg
   メインの浜茹で香住ガニの姿

   5O9A5808.jpg
   先付と前菜

   5O9A5811.jpg
   食前酒と地魚お造り三種

   5O9A5872.jpg
   のどぐろ塩焼き

   5O9A5886.jpg
   但馬牛ステーキと旬野菜

   5O9A5869.jpg
   あんかけ汁の椀物

   5O9A5922.jpg
   季節の揚げ物

   5O9A5924.jpg
   もうええから早う食べよう!

   5O9A5815.jpg
   まだまだ料理は続くが、社長の音頭で乾杯の声が響き渡りました。

   5O9A5816.jpg
   お待たせしました。ガッポーズで喜びの表現ありがとうございます。

   5O9A5845.jpg
   どれから食べようかしら? やっぱりカニよね~!

   5O9A5829.jpg
   一気にいくわよー!!

   5O9A5947.jpg
   さすが山ちゃん! やるなあ~

   5O9A5830.jpg
   冗談に決まってるでしょう!

   5O9A5819.jpg
   飲みねえ~飲みねえ~ 食いねえ~食いねえ~

   5O9A5820.jpg
   飲みねえ~飲みねえ~ 死ぬまで飲みねえ~??

   5O9A5861.jpg
   カニに挟まれると痛いぞぉ~

   5O9A5860.jpg
   だから・・・どうしたん??

   5O9A5862.jpg
   冷めた” ガキやなぁ~!

   5O9A5863.jpg
   あ” あ”~ 酔いが冷めてもた! 
  
   5O9A5895.jpg
   カニに挟まれて痛いよ~~

   5O9A5932.jpg
   カニの爪は固いからな~    おばちゃん” 痛そう~!  

   5O9A5943.jpg
   おばちゃんは” 禁句!  ぶっ飛ばされるわよ~

   5O9A5867.jpg
   大阪のおばちゃんは怖いでぇ~

   5O9A5832.jpg
   彼女なら吉本興業も行けそうや!

   5O9A5851.jpg
   カニ会長の講座が始まっています。なにしろカニ命のプロですから?

   5O9A5849.jpg
   まず甲羅からや “ 甲羅の味噌が最高なんや!

   5O9A5852.jpg
   なるほどプロの言う通りだ~
   
   5O9A5854.jpg
   足からでもいいのよ~    さすが越前福井の女や!

   5O9A5856.jpg
   どこから食べるか悪戦苦闘よ~

   5O9A5827.jpg
   と~れとれ“  ぴ~ちぴち”  カニ料~理~や!

   5O9A5949.jpg
   但馬牛も美味しそうだけどお腹いっぱいよ!

   5O9A5892.jpg
   ジユ ュ~~~~

   5O9A5929.jpg
   栗ごはんと吸い物はいただくわ!

   5O9A5941.jpg
   僕の好きなデザートだ!

   5O9A5955.jpg
   食べさせてあげるよ~~

   5O9A5956.jpg
   ありがとう~♪♪      僕たち親子だもん!

   IMG_7560.jpg
   伝説の宴会はまだまだ続きます。いつものように飾らず本音で触れ合う技研オートの
   理念「いつも一緒、素敵な貴方と」時代がどう変わろうと不変であり続けたい。 

   IMG_7558.jpg
   留紺の空にそびえる館は日中とは異なる顔を見せている。

   IMG_7557.jpg
   壮厳な佇まいの館には宿を末永く見守ってほしいと思う。

   IMG_7556.jpg
   宴会の終わらぬ内に香住の湯に浸かります。

   IMG_1363.jpg
   枝ぶり見事な木々に包まれた湯場は癒されますぞ。

   IMG_1404_20221021011346f3b.jpg
   ここで一句! 「ゆらぐ湯に~ 長夜の時を~ 独り占め」 ♪♪ 

   IMG_1349.jpg
   湯舟に両肘かけて見上げると、今宵は優しい秋月夜です。

   IMG_7566.jpg
   技研のみなさんも深い眠りに就いたようです。 おやすみなさい!

   5O9A5985.jpg
   蒼穹の朝。

   5O9A5965.jpg

   5O9A5963.jpg
   清々しい朝日が酔い潰れたみんなを目覚まします。

   5O9A5980.jpg
   味噌汁香る朝ごはんが進んでおります。

   5O9A5999.jpg

   5O9A5995.jpg

   5O9A5991.jpg

   5O9A5990.jpg

   5O9A6013.jpg
   朝は腹いっぱい食えよ!
  
   5O9A6012.jpg
   僕はダイエット中ですよ~~    ませた” ガキやー!

   IMG_1423.jpg
   夢のような一夜を過ごしたお宿ともお別れです。

   IMG_1449.jpg

   IMG_1444.jpg

   IMG_1445_20221021011931427.jpg

   IMG_1446.jpg
   駐車場も隅から隅までバイクがいっぱい。完全貸し切りのなせる光景です。

   IMG_1451.jpg
   いつもの大らかな集合をここに収める。

   IMG_0963.jpg
   今日も天気は青く澄んだ日本晴れ! バイクの準備も整ったようです。

   IMG_1426.jpg
   庵月のみなさん大変お世話になりました。また来たいお宿とお客様が大変喜よろこん
   でくださいました。心安らぐ素敵な一夜をありがとうございました。
  
   太陽に促されて出発やー🌟🌟🌟

   IMG_0965.jpg
   ド ド ド ド ド ド ド ド ー!!

   IMG_0966.jpg
   空~に 太陽が” ある限~り~~♪♪〰♪♪〰 ♫〰 ♬〰 〰
  
   IMG_0976.jpg
   愛”してる~ とても~ 愛”してる~ ほんとに~♪♪

   IMG_0967.jpg
   愛”してる~ いつまでも~” 空~に太陽がある限り~~♪♪

   IMG_1493.jpg
   君~と僕は ”  君~と僕は ” 二人でひと~り~~♪♪

   IMG_0996.jpg
   愛”してる~ 愛”してる~ 空~に太陽がある限り~~♪♪

   IMG_1001_20221021012238cd6.jpg
   ある限り~~~っと!  みんなも調子よさげやなぁ~

   IMG_0364.jpg
   錦野旦の曲を歌ってたら ” もう神鍋高原やがなー!!

   IMG_1507.jpg
   ブィ――――――――――――ン

   IMG_1512.jpg
   二日連続の秋晴れは神業かもー!   そうかもねぇ~??

   IMG_1538_20221021012244a9c.jpg

   IMG_1537_202210210125362d0.jpg

   IMG_1541.jpg
   森林に包まれた植村直己冒険館に到着。

   IMG_1543_2022102101253888d.jpg
   ねえ~  植村直己って誰??

   IMG_1593.jpg
   今から植村直己の偉大さをご覧いただきます。

   IMG_1562.jpg
   ミニシアターを貸し切りでご用意しております。

   IMG_1564.jpg

   IMG_1565.jpg
   まもなく上映開始です。

   IMG_1573.jpg
   ジァ ジァーン!!   素顔の植村直己

   IMG_1571.jpg
   日本を代表する冒険家植村直己は1941年に兵庫県豊岡市に生まれた。子供の頃は
   豊かな自然に囲まれたこの地ですごしました。
 
   IMG_1570.jpg
   明治大学入学と同時に山岳部に入部。卒業後に日本を飛び出し世界放浪の旅へと出発
   しました。誰も成し遂げたことのない冒険に次々と挑戦し、自然を征服するのではな
   く自然に順応する方法で挑み、数々の偉業を達成しました。

   IMG_1579.jpg
   世界初のマッキンリー冬季単独登頂の翌日1984年2月13日未明に消息をたちま
   した。極地に輝いた冒険家植村直己は世界のチャレンジャーから称賛されている。

   IMG_1582.jpg
   夢を追うチャレンジャーに心を揺さぶられました。

   IMG_1592.jpg
   幼少時代から世界的な冒険家と名を馳せるまでの植村直己の生涯を数々のエピソード
   を交えながら紹介されています。

   IMG_1584.jpg
   植村直己の偉業は半端じゃないな~!

   IMG_1588.jpg

   IMG_1589.jpg
   過酷なな冒険で使用した装備品には「知恵と技術」による独自の工夫が随所に多く見
   られ息遣いが感じられます。

   IMG_1587.jpg
   凄い努力家やなぁ~

   IMG_1590.jpg
   レンズカバーの損傷が生々しい!

   IMG_1591.jpg
   おお~! 特別仕様の植村スペシャルか~ 

   IMG_1549.jpg

   IMG_1551.jpg

   IMG_1555.jpg
   ミュージアムショップには書籍やオリジナルグッズが展示販売されています。

   IMG_1615.jpg
   休憩コーナーにはスターバックスコーヒーもあり。

   IMG_1616.jpg
   過酷な原付チャレンジを極める彼女たちも感じ入ったのだろうか?

   IMG_1550.jpg
   楽しかった旅もそろそろ終盤です。

   IMG_1614.jpg
   コンクリートの狭い通路の先が、夢の到達点のように錯覚しそうです。

   IMG_15440_20221021150039a0b.jpg
   到達して空を見上げればジェットストリーム。 植村直己のスピリッツかも??

   IMG_1089.jpg
   チャレンジャー諸君 ! 大空に抱かれ” いざ発進ー!!

   IMG_0012.jpg
   神無月にバイク好きの神がいた。4週連続で週末が優れぬ天候で大変心配しましたが
   みんなの情熱が天に届いたのか、晴天白日のバイク日和となりました。超絶の好天は
   お客様を喜ばせろ、関わる人すべてを幸せにしろと言う神の粋な計らいかも知れませ
   ん。ならば痛快無比のバイクツーリングに、神様と参加者にも満面の笑顔を咲かせて
   みせると全員が創意工夫。強烈な個性を発揮して今回の旅物語が完成しました。

   イメージ挿入歌 折鶴  千葉紘子 
           空に太陽がある限り  錦野旦
   目的地 兵庫県 山陰但馬漁火ライン
   宿泊  香住温泉 庵月
   企画制作 技研クリエイティブ工房 
                      
                       いつも一緒、素敵な貴方と