ミステリーツーリング 播州赤穂

   IMG_44221.jpg
   秋分の日に相応しい爽快な秋空の下。今年始めてのイベントに少々興奮気味のシニア  
   たち。ミステリーツーリング第4弾! 赤穂浪士の「忠臣蔵」を播磨の国に歴史探訪。

   IMG_4248.jpg
   浅野内匠頭なんか誰も知りませんよ!
  
   IMG_4257.jpg
   忠臣蔵でしょう~   殿中でござる・・知らんかな?

   IMG_4258.jpg
   我々が最後の世代だよ!   赤穂浪士は史実やけどな~

   IMG_4255.jpg
   時代は変わりましたよ!  日本が崩壊していくはずやで~

   IMG_4256.jpg
   赤穂浪士の忠臣蔵は数多く作品化され舞台・映画・テレビでお馴染みです。

   IMG_4251.jpg
   現代人が忘れた日本武士の魂を考察いたします。

   IMG_4266.jpg
   向かうぞー! 播磨国赤穂に~~~

   IMG_4267.jpg
   ブオ――――――――――――ン

   IMG_4268.jpg
   ゴオ――――――――――――――――!!

   IMG_4272.jpg
   グォ―――――――――――――――――ン

   IMG_4385.jpg

   IMG_4365.jpg
   赤穂の入り口である高取峠で暫しの休憩。

   IMG_4347.jpg
   その時! 断崖絶壁に息を切らしながら二組の早駕籠が走る。

   IMG_4357.jpg
   エィホー!!     エィホー!!

   IMG_4356.jpg
   エィホー!  エィホー!   エィサー!

   IMG_4352.jpg
   駕籠の中は誰やろう??

   IMG_4368.jpg
   やたら急いでいるぞ~

   IMG_4380.jpg
   殺気だった駕籠やな~     エィホー!  エィホー!

   IMG_4381.jpg
   これは浅野家に異変がー!!

   IMG_4382.jpg
   きっと大問題が起きたのだよ!

   IMG_4383.jpg
   後を追うぞー!!       ぶっ飛ばしますか~

   IMG_4386.jpg
   急遽高取峠を駆け下ります。

   IMG_4387.jpg
   ブォ――――――――――――ン

   IMG_4389.jpg
   ブィ―――――――――――――ン

   IMG_4394.jpg
   峠を下り市街に入って来ました。

   IMG_4403.jpg
   千草川に並行して駕籠の後を追う。

   IMG_4412.jpg
   ああ”ー!!

   IMG_4408.jpg
   この先は浅野家の城下だぞ!

   IMG_4415.jpg
   思いのほか城下が・・静かだな~?

   IMG_4413.jpg
   早駕籠が大手門に駆け込んだよ!

   IMG_4483.jpg
   入城してみるか?    斬られるかも知れませんよ・・     

   IMG_4485.jpg
   静寂な城内を探索して行きます。       ♪〰♪♪〰 ♫〰 ♬〰♬〰 〰

   IMG_4486.jpg
   広瀬川~  流れる岸辺~  思い出は~ 帰らず~♪♪   

   IMG_4487.jpg
   早瀬~  踊る光に~  揺れていた~ 君の 瞳~♪♪

   IMG_4490.jpg
   時は め~ぐり~  また夏が~ 来て~♪♪

   IMG_4495.jpg
   あの日と 同じ~  流れの~ 岸~♪♪

   IMG_4496.jpg
   瀬音ゆかしき~  杜の 都~♪♪

   IMG_4501.jpg
   あのひとは~  もう いな~ い~~♪♪

   IMG_4524.jpg
   浅野家の家紋や~        お待ちしておりました!

   IMG_4525.jpg
   清楚な巫女さんの案内に従います。

   IMG_4526.jpg
   どうぞ私にお続き下さいませ!

   IMG_4553.jpg
   ジャ―――――――――ン!!

   IMG_4560.jpg
   赤穂藩・筆頭家老の大石内蔵助殿にお目通り願います。

   IMG_4585.jpg
   なにー!! 浅野内匠頭が切腹だと??

   IMG_4617.jpg
   一大事でござる!      殿が江戸城中で刃傷を・・
 
   IMG_4620.jpg
   どういう事だ子細を申せ!

   IMG_4616.jpg
   松の廊下で吉良殿を斬りつけたと・・

   IMG_4619.jpg
   殿は即日無念の切腹!    吉良殿はお沙汰なしと・・

   IMG_4615.jpg
   この書状では事態が分別出来ぬぞ!

   IMG_4618.jpg
   父上! 喧嘩は両成敗のはずですが・・

   IMG_4614.jpg
   赤穂藩に降りかかった晴天の霹靂。 家老大石内蔵助には如何な策が?

   IMG_4603.jpg
   時は元禄14年。浅野内匠頭の遺恨を晴らすべく赤穂の武士は立ち上がって行く。

   IMG_4587.jpg
   殿中で田舎者作法と吉良に揶揄侮辱され隠忍自重の内匠頭が吉良を斬りつけた。

   IMG_4588.jpg
   本来なら喧嘩両成敗。しかし内匠頭は即日切腹で吉良上野介には御構いなし。

   IMG_4589.jpg
   江戸から600Kmを僅か4日半で不条理を内蔵助に知らせました。

   IMG_4590.jpg
   赤穂の城内では家老と家臣たちが大激論。

   IMG_4591.jpg
   江戸幕府のお沙汰は領地没収お家取り潰しと決定。

   IMG_4602.jpg
   悔しいでしょうね~  いつの時代も国家権力は最強や!

   IMG_4594.jpg
   元禄15年12月14日準備万端。47人の赤穂浪士が吉良邸に仇討ち。

   IMG_4595.jpg
   やられたらやり返す浅野の倍返しだ! されど吉良の所在が掴めません。

   IMG_4596.jpg
   いたぞー! ついに発見した白小袖の老人こそ遺恨の吉良上野介だ。

   IMG_4598.jpg
   主君の墓前に吉良上野介の首を供え、本懐を遂げた忠臣たちに感無量の涙が。

   IMG_4599.jpg
   武士の本懐が成就。47人の義士は晴々と桜の花と共に散っていった。

   IMG_4593.jpg
   いつ見ても聞いても胸に刺さるなぁ~
 
   IMG_4601.jpg
   近年消え失せた日本人の美徳「義の心」は何処へ行ったやら??

   IMG_4579.jpg
   おのおの方 “ 討ち入りでござるー!!

   IMG_4549.jpg
   大石神社拝殿

   IMG_4547.jpg

   IMG_4548.jpg

   IMG_4537.jpg
   大願成就の大石神社に願いを込めて参拝。

   IMG_4539.jpg
   そういえば腹減ったなぁ~

   IMG_4542.jpg
   激動の出来事に嵌められ昼を完璧に忘れていました。

   IMG_4535.jpg

   IMG_4627.jpg
   お昼にしますか~    穴子重が美味そうだったね!

   IMG_4514.jpg

   IMG_4515.jpg

   IMG_4509.jpg
   大石神社参道には赤穂義士47人が参拝者を迎えてくれます。

   IMG_4442.jpg
   遅めの昼食は「穴子重」に決定のようだ。

   IMG_4455.jpg
   メインストリートに人影もなく静かだ??

   IMG_4456.jpg
   旅人よー! 穴子重なら “ まるはちじゃ~

   IMG_4452.jpg
   ご家老の推薦なら・・さぞかし美味しいでしょうね。

   IMG_4468.jpg
   まるはち特製の穴子重

   IMG_4466.jpg
   さすが城下の人気店!  美味そうやぁ~

   IMG_4475.jpg
   焼きたての出来たてやで!

   IMG_4479.jpg
   美味しさ別次元! にぎり寿司も八貫頂きました。

   IMG_4481.jpg
   ご主人! ご家老の贔屓に納得しましたぞ~

   IMG_4482.jpg
   赤穂名物まるはち自慢の穴子重は大満足でした。

   IMG_4422.jpg
   赤穂城ベストショット

   IMG_4425.jpg
   鯉が喜んで食べるぞー!

   IMG_4428.jpg
   鳩も喜んで食べているよ!

   IMG_4429.jpg
   ほら!     鯉のエサを鳩も食べるんや??

   IMG_4433.jpg
   シニアたちの嬉しい笑顔! それを人は幸せと呼びます。

   IMG_4447.jpg  
   コロナ禍で静まり返った赤穂の城跡をのんびり散策して早めの帰阪といたしました。

   IMG_4293.jpg
   秋の忠臣蔵もこれまた良し。デジタル時代に忘れ去られたが、日本の歴史に光を放っ  
   てきた無名の人たちが沢山います。浅野家の家臣たちも輝く武道の光でした。武士の 
   忠義とは人を思う礎で、命を賭して義を貫く。我々凡人には計り知れない勇気ですが
   この国を背負って立つ子供たちには、素晴らしい未来を築いて頂きたいと想います。
  
   イメージ挿入歌 青葉城恋唄  さとう宗幸
   企画制作 技研クリエイティブ工房 
                      
                       いつも一緒、素敵な貴方と 
 
 

該当の記事は見つかりませんでした。