スーパーシニアツーリング 7  伊豆半島 天城越え

   toukaibxd30040928-51.gif
   新しい時代も天真爛漫な昭和スタイルのシニアたち。人の世は時世時節だが、彼らの
   良き人柄と個性が溢れるスーパーシニアツーリングは、相も変わらず益々盛んです。

   IMG_7343.jpg
   隠しきれない~  移り香が~♪♪

   IMG_7341.jpg
   いつしか あなたに~  浸みついた~♪♪

   IMG_8930.jpg
   誰かに盗れる~  くらいなら~♪♪
 
   IMG_8928.jpg
   あなたを殺して ” いいですか~♪♪

   IMG_8881.jpg
   寝乱れて・・ 隠れ宿♪♪

   IMG_8925.jpg
   九十九折り・・ 浄蓮の滝♪♪

   IMG_8900.jpg
   舞いあがり~~  揺れ落ちる~~♪♪

   IMG_8901.jpg
   肩のむこうに あなた~  山が~ 燃える~~♪♪

   IMG_8897.jpg
   何があっても もういいの くらくら燃える火をくぐり♪♪

   IMG_8932.jpg
   あなたと~  越えたい ”  天城~~  越~え~~~♪♪

   IMG_8845.jpg
   シニアたちが修善寺道路に到着。伊豆下田街道を南へ天城の峰を目指します。
  
   IMG_8848.jpg
   日本晴れでバイクも ”  絶好調やー!!

   IMG_8847.jpg
   伊豆の景色が楽しみです!

   IMG_8846.jpg
   石川さゆりの天城越え・・行きますかぁ~!
   
   IMG_8851.jpg
   ブィ―――――――――ン
  
   IMG_7310.jpg
   ブォ――――――ン

   IMG_7314.jpg
   昭和感覚満載の天城越え ~ 2019 スーパーシニアツーリングのスタート ~

   IMG_8828.jpg
   ゴオォ――――――――――――!!

   IMG_8837.jpg
   伊豆下田街道は景色も良好で快適そのもの。

   IMG_8954.jpg
                     ブィ―――――――ン   

   IMG_8952.jpg
   ご機嫌さ~~~~~~~ん!!       まいどーー!!
 
   IMG_8974.jpg
   どうやら対向のバイクも関西人らしい??

   IMG_8972.jpg
   桜咲く絶景 ” 天城越えにチャレンジ致します!

   IMG_8983.jpg
   みんなも快適そうやなぁ~

   IMG_8984.jpg
   ほんまに九十九折の道だ!

   IMG_8985.jpg
   随分上って来たぞぉ~

   IMG_9002.jpg
   トンネルを抜けると「全長1064m・直径80m・高低差45m」の3径間連続曲
   線で構成された迫力の河津七滝ループ橋が現れる。

   IMG_9003.jpg
   ゴオォ――――――――――――!!

   IMG_9007.jpg
   ブアァァ――――――――――――ン

   IMG_9011.jpg
   ブィ――――――――――ン

   IMG_9020.jpg
   この先が七滝ループ橋やでー!!

   IMG_9021.jpg
   ここを回り下ると・・天城越えやぁ~

   IMG_9075.jpg
   うわぁーー!! 落ちたら終わりやぞー!!

   IMG_9067.jpg
   すんげえぇー!! 大迫力やー!!

   IMG_9027.jpg
   ぐるぐる回って酔っ払いそうやー!! ♪♪〰♫〰♬″♬″♬″

   IMG_9035.jpg
   飲めと~ 言われて 素直に飲んだ~~♪♪

   IMG_9038.jpg
   肩を~ 抱かれて その気になっ~た~~♪♪
 
   IMG_9040.jpg
   馬鹿な~ 出逢い~が~ 利口に化~けて~♪♪

   IMG_9042.jpg
   よせ~ば~ いいのに~ ひと目~惚れ~~♪♪

   IMG_9055.jpg
   浪花~~ 節だよ~ 女の” 女の~~ 人生は~~~♪♪

   IMG_9048.jpg
   みんなで無事に ” 越えたぜぇー!!
  
   IMG_9084.jpg
   天城~~ 越~ え え え  え  え ー ー!!

   IMG_9095.jpg
   川端康成の伊豆の踊子は淡い恋が描かれていが、石川さゆりの天城越えも昭和時代の
   かなわぬ恋を歌っています。伊豆の天城峠はいつの時代も不思議と女の情念が漂う。

   IMG_9099.jpg
   ここからが天城峠の旧道や!

   IMG_9103.jpg
   有名な天城山隧道を目指すでぇ~!

   IMG_9136 (2)
   走行要注意やー! 気合を入れて慎重に行くぞー!!

   IMG_9107.jpg
   厳しいダートが続くぜー!
 
   IMG_9108_201904290951306a5.jpg
   うわあ” あ” あ”ーー!!   トンネルはどこやー!?
  
   IMG_9109.jpg
   やっとトンネルに辿り着いた!  ふうぅ~~

   IMG_9110.jpg
   こけるかと思った! 意外と淋しいところだな・・

   IMG_9112.jpg
   これが天城山隧道か・・中に入ってみるか!?

   IMG_9115.jpg
   おお~ 切石造りが時代を感じるなぁ~

   IMG_9116.jpg
   昔は路線バスが通行していたらしいが・・信じられん!

   IMG_9118.jpg
   あっ ” 忘れていた! みんな無事かいな??

   IMG_9123.jpg
   地道の林道は生きた心地がせんぞぉ~!

   IMG_9124.jpg
   この歳で貴重な体験だったよ!

   IMG_9122_2019043015343301d.jpg
   ほんまに死ぬかと思った・・

   IMG_9121.jpg
   百戦錬磨の昭和シニアなら16kmの地道林道も耐え凌げるはずだ??

   IMG_9125.jpg
   川端康成の小説「伊豆の踊子」や松本清張の小説「天城越え」で有名な天城山隧道は
   1905年(明治38年)に開通した。日本初の石造トンネルは全長445.5mで
   現存する最長の切石造りアーチトンネルは、国の重要文化財に指定されています。

   IMG_9126.jpg
   ド ド ド ド   ド  ド   ド   ドー!!

   IMG_9127_20190429095344663.jpg
   ほんまに暗いトンネルやー!

   IMG_9130.jpg
   石板にトンネルの経緯が書いてあるぞ!!

   IMG_9129_20190430153438d30.jpg

   IMG_9128_2019042909534503d.jpg
   足腰ガタガタで降りて眺める余裕は無さそうです。

   IMG_9135.jpg
   下りのダートはゆっくり走るよ!

   IMG_9132.jpg
   ザザ ザ ザ ザ ザ  ザ   ザ  ザー!!

   IMG_9106.jpg
   もうすぐ国道やでぇー!!  うぉ~ 滑るわー!!

   IMG_7316.jpg

   IMG_7318.jpg
   全員無事走破してバイクも人も暫しの休憩。

   IMG_7319.jpg
   きつかったですよ~     林道も楽しいでしょう!

   IMG_7323.jpg
   日本の滝100選(浄蓮の滝)を目指し再び走り出す。

   IMG_7320_20190429095723392.jpg
   ドド ド ド ド ド ド  ドー!!

   IMG_8864.jpg
   ブィ――――――――――ン

   IMG_8875.jpg
   このカーブを曲がると浄蓮の滝や!

   IMG_8876.jpg

   IMG_8877.jpg
   浄蓮の滝に到着。 ここでも昭和感覚が炸裂します。

   IMG_7329.jpg
   おお~ 寛一 ” お宮やー!!

   IMG_7330.jpg
   冗談やでぇ~ 昭和の古いギャグですよ!

   IMG_8933.jpg
   伊豆の踊子は映画も歌も懐かしいわ!

   IMG_8886.jpg
   女郎蜘蛛は美しい女性に化ける妖怪らしいが、彼らには美しければ関係なさそうだ。

   IMG_8885.jpg
   美女なら妖怪でもええけどなぁ~  たしかに・・

   IMG_8887.jpg
   僕の嫁は素肌美人やけど・・思えば心当たりが!?

   IMG_8888.jpg
   まさか ”  天性の妖怪・・??

   IMG_8927.jpg
   おお~ 滝が見えて来たぞ!

   IMG_8898.jpg

   IMG_7336.jpg
   ザザザザザザザザザザザザザザー!!

   IMG_8894.jpg
   1986年(昭和61年)石川さゆりの「天城越え」が大ヒットして「浄蓮の滝」が
   全国に知れ渡りました。アメリカの大リーグでは、常に自己の記録を越えたいと歌に
   感動したイチロー選手が打席曲に使用して、当時は大きな話題になりました。

   IMG_8907.jpg
   イチロー選手には遠く及ばないが、人生の峠を調子よく越えて来たシニアたち。

   IMG_8895.jpg
   そろそろ退散しますよ~

   IMG_8915.jpg
 
   IMG_8911.jpg
   上り階段は堪えるなぁ~

   IMG_7350.jpg
   林道より疲れるでぇ~    歳ですかねぇ~

   IMG_7349.jpg

   IMG_8917.jpg
   かなり上ってきたけど・・

   IMG_8922.jpg
   はぁ~~  はぁ~~

   IMG_8919.jpg
   何事も目的を達成するのは大変ですね。

   IMG_8935.jpg
   元祖 ” わさびソフトやー!!

   IMG_8938.jpg
   ピリッとワサビ味がしてまっせ!

   IMG_8939.jpg
   この味は嫁の情念みたいやぁ~ 

   IMG_8940.jpg
   僕にはこの子の味がする~  うぷっ !

   IMG_8941.jpg
   男の女好きはいつの世も変わらぬようだ! 本日のお宿に向かいます。

   IMG_7400.jpg
   ドド ド ド ド ド ド ドー!!
 
   IMG_9227_201904291002519b5.jpg
   ブィ――――――――――――ン

   IMG_9231.jpg

   IMG_9232.jpg
   西伊豆土肥温泉 湯の花亭に到着。

   IMG_9237.jpg

   IMG_9234.jpg

   IMG_9235_20190429101215dcd.jpg
   歓迎のお茶で寛ぐシニアの嬉しそうな表情が微笑ましい。

   IMG_9240.jpg
   明るい陽射しの湯ノ花亭は全フロア―が畳敷きです。

   IMG_9242_20190429101217ca2.jpg
   フロントロビーはもちろん浴場も畳敷きですぞ。

   IMG_9243.jpg
   おお~ 凄い兜! 値が張りそうやなぁ~

   IMG_9244.jpg
   お客様~上がりますよ!          乗りまーす!!

   IMG_9246.jpg
   
   IMG_9247_20190429101223793.jpg
   畳の絵がハイカラや~

   IMG_9264.jpg
   露天風呂やー!!  ええ部屋やなぁ~

   IMG_9260.jpg
   オーシャンビューの最上級のお部屋ですぞ!  あら“ お疲れ??

   IMG_9273_201904291015035ba.jpg
   美味なところてんで骨抜きのお持て成し!   お風呂で旅の疲れを癒しますか。

   IMG_7452.jpg
     
   IMG_9285.jpg
   駿河湾の夕日を眺めながら極上のひと時!

   IMG_9292_201904291015062e6.jpg
   実は温泉の入浴シーンは毎回苦労します。入浴中のお客様方にご理解頂いての撮影は
   出川哲朗のTV番組「充電させてもらえませんか」と同じぐらいヤバイ騒ぎです。

   IMG_9297.jpg
   日も沈み伝説の宴会が始まります。

   IMG_9318.jpg

   IMG_9317.jpg
   宴席には地魚の豪華懐石料理がお出迎え。 

   IMG_9330.jpg
   本日の走行距離530km。 昭和シニアと天城越えに乾杯!!

   IMG_9351_20190429101747fe3.jpg
   駿河湾の伊勢海老・平目・鮑・サザエ・まぐろ・はまち・桜海老・・ets

   IMG_9365.jpg
   そして駿河名物の金目鯛。

   IMG_9337.jpg
   優雅で知性的な振る舞いは・・さすが昭和世代。

   IMG_9338_20190429101751b51.jpg
   上品で奥ゆかしい食事作法・・これも昭和世代の特性。

   IMG_9355_2019042910175352d.jpg
   ご遠慮なさらずにお召し上がり下さいよ。

   IMG_9352.jpg
   さらに駿河特産の高級和牛ステーキ。 完食出来ますかな??

   IMG_9366.jpg
   負かしとき!  軽いもんやぁ~

   IMG_9367_20190429101757c5d.jpg
   食欲だけは歳” を感じさせませんね!

   IMG_9368_20190429101920989.jpg
   他にもあるでえ~!  凄い隠し玉がぁ~

   IMG_9369_2019042910192247b.jpg
   その手のパワーは既に衰えたわぁ~

   IMG_9370_20190429101923eba.jpg
   会話が変に誤解されそうだよ!

   IMG_7443.jpg
   昭和シニアの与太話は延々と続きますが、本性を見破られる前に中継終了。

   IMG_9407.jpg
   漁り火がゆらゆらと幻想的やぁ~

   IMG_9385.jpg
   食べ過ぎて沈没しそう・・

   IMG_9405.jpg
   流行りのハズキルーペを掛けてお休みのよう。 変なおっさんだ??

   IMG_9409.jpg
   駿河湾の朝!
 
   IMG_9412.jpg
   本日は対岸の清水港までフェリーを利用します。

   IMG_9414.jpg

   IMG_9422.jpg
   地元名産の白えびが引き立つ品数豊富な朝ごはんです。

   IMG_9435.jpg
   朝食を早めに済ましてフェリー乗り場に急ぐ。

   IMG_9436.jpg
   出立でござんすか!  バイク乗りは粋だねぇ~

   IMG_9440.jpg
   宿から近いフェリー乗り場に到着。

   IMG_9449.jpg
   青い空に青い海。運が良ければ富士山が見えるはずだ。

   IMG_9459.jpg

   IMG_9463.jpg
   フェリーがやって来たぞー!!

   IMG_9492.jpg
   船の速度が意外と速いよ!

   IMG_9467.jpg
   右旋回をしだしたぞ!

   IMG_9488.jpg
   近くで見ると大きいなぁ~

   IMG_9476.jpg
   フェリーは駿河湾の東側土肥港と西側清水港を1時間20分程で結んでいます。

   IMG_9480.jpg
  
   IMG_9490.jpg
   乗船の準備が整ったようですよ。
 
   IMG_9494.jpg
   気合を入れて乗るぞ!

   IMG_9496.jpg
   林道より遥かにええわ!

   IMG_9498.jpg
   同感です!

   IMG_9497.jpg
   富士山が見えるといいね!

   IMG_9495.jpg
   船酔いせんやろうか~??
  
   IMG_9484.jpg
   船酔いシニアも閉じ込めて出航です。

   IMG_0065.jpg
   ボオォ~~~~~~!!

   IMG_7496.jpg
   おっさん 早速 ”  トイレや!

   IMG_0028トリミング
   大丈夫かいなぁ~     あの辺に見えるはずや・・
   IMG_7508.jpg
   おお~ 見えるぞー!!        どこどこ??

   IMG_0043.jpg
   島の横に白く見えるわー!!

   IMG_0046_201904291028537c7.jpg
   富士山は大きいなぁ~      さすが日本一の山や!

   IMG_0055_20190429102854622.jpg
   見えたぞぉ~~  たしかに見たぞぉ~~!!

   IMG_0091.jpg
   大気の状態が不安定だが、富士山を見れば船酔いもどこ吹く風のようだ。

   IMG_0068.jpg
   駿河湾フェリーの航路は海上の県道223号線らしいです。不思議??

   IMG_0061_20190429102900dab.jpg
   海上の県道で証拠の記念撮影。 
 
   IMG_0066.jpg
   広々とした船上は開放感抜群ですよ。

   IMG_0070.jpg
   ここから見る富士山は奥ゆかしいぜ!

   IMG_0093.jpg
   あ~たまを 雲の~ 上に出し~♪♪

   IMG_0102_201904291030389e7.jpg
   四方の山~を 見おろして~♪♪

   IMG_0082.jpg
   か~みなりさまを 下に聞く~♪♪ 

   IMG_0097_20190429103041f36.jpg
   富~士は 日~本 一の山~~♪♪

   IMG_0100_20190429103042504.jpg
   ザザァ~~~~~~!! 

   IMG_0119.jpg
   三保の松原が見えて来たぞぉ~

   IMG_0109.jpg
   日本新三景の三保の松原が姿を現した。日本三大松原の一つで国の名勝です。

   IMG_0113.jpg
   白いヨットが海に映えるねぇ~

   IMG_0132.jpg
   まもなく清水港に接岸です。

   IMG_0128_2019042910325403e.jpg
   船旅はええなぁ~!   船酔いしなくて良かったねぇ~

   IMG_0136.jpg
   船倉はご覧の通りガラガラで、まるで我々の貸切り船のようでした。

   IMG_0141.jpg

   IMG_0142_20190429103258a60.jpg
   バイクは乗務員がしっかりと固定してくれますが、船倉にはバイクのスペースは僅か
   8台の限定ですので利用には事前に確実な手配が必要です。(技研ツーリストより)

   IMG_0140.jpg
   技研の用意周到や・・バイクの当日客が残念そうやったな!

   IMG_0135.jpg
   一日4往復でバイクの予約は旅行社でも至難の業です。まもなくゲートオープン!

   IMG_7492.jpg
   グイ――――――――――ン

   IMG_0144_20190429103304a0f.jpg
   全員発進!!

   IMG_0147.jpg

   IMG_0148.jpg
   清水港は都会だなぁ~

   IMG_0149_20190429103527328.jpg
                       ドドド ド ドー!!
   
   IMG_0150.jpg
   全員上陸! これより三保の松原へ向かいます。

   IMG_7543.jpg
   清水の町は熱いなー!!

   IMG_7545.jpg
   前方に三保の松原が見えて来ました。

   IMG_0156.jpg

   IMG_0161_20190429103713b53.jpg
   有名な羽衣の松は向こうですね!

   IMG_0165.jpg
   昭和が満載や!      ええ感じですねえ~

   IMG_0163.jpg

   IMG_0164_20190429103717f26.jpg
   時世に翻弄されない老舗は、昭和世代には心強くもあり懐かしいようだ。

   IMG_0166_20190429103719271.jpg
   おゃ ” 幼い子が募金活動しているよ!
   
   IMG_0224.jpg
   昭和シニアの優しい心がユニセフの子供を笑顔に。

   IMG_0169.jpg
   不憫な子は世界中にいるよ!    考えねばならんねぇ~
   
   IMG_0171.jpg
   二日連続の階段は疲れる~~!!

   IMG_0172.jpg

   IMG_0173.jpg

   IMG_0174.jpg
   松とは思えない奇抜な形だ・・

   IMG_0177.jpg
   ほんまに愉快なスタイルでんな?

   IMG_0178.jpg

   IMG_0183.jpg

   IMG_0184.jpg
   おっ! 羽衣の松やで~

   IMG_0186.jpg
   天女が羽衣をかけたとされる羽衣伝説の有名な松ですが、現在の松は3代目らしい。

   IMG_0193.jpg
   初代の松は潮風風雨にさらされた無残な姿を残すのみです。

   IMG_0190.jpg

   IMG_7559.jpg
   天女は無事に月に帰ったんやな~

   IMG_0196.jpg

   IMG_0199.jpg
   この辺りで富士山が・・ 見えるはずやけどなぁ~

   IMG_0205.jpg
   三保の富士は天女の仕業か、淡い羽衣がかけられたようだ。

   IMG_0206.jpg
   ザ~~ ザ~ ザザザザザ~~

   IMG_0209.jpg
   元号は令和と改まったが、昭和のシニアたちが未だに輝いて見えると言うのは大袈裟
   だろうか。まだ国際化していない日本の原風景の中で少年期を過ごし、目先の変化に
   惑わされずに負けてたまるか人生勝負と、幾多の困難を乗り越えて来た。時代がどの
   ように変わろうと彼らは色褪せない。だってバイクを格好良く乗りこなすんだもん。
                                                         
   イメージ挿入歌 天城越え  石川さゆり
           浪花節だよ人生は  細川たかし
           富士は日本一の山  文部省唱歌
   企画制作 技研クリエイティブ工房
                              
                       いつも一緒、素敵な貴方と

該当の記事は見つかりませんでした。