バイクとハイク 奥の細道2 曽爾高原

   IMG_8508-2.gif
   近頃、技研の若者は原付に情熱をたぎらせ、シニアたちは山登りに目覚め共に奮闘し
   ている。変化激しい時代でも、みんなの力で人とバイクを結ぶ技研ヒューマニズム。 

   IMG_6369.jpg
   いつの日にか~  君に会えると~  きっと きっと 信じてた♪♪

   IMG_6371.jpg
    けど もう~  やめた やめた~♪♪   

   IMG_6372.jpg
   白い雲と 青い空と 赤いヤッケと  あの娘と♪♪

   IMG_6373.jpg
   今のゲレンデは~  思い出だけ~  君の影さえも 今はもう見えず~♪♪

   IMG_6302_20181023180942bf4.jpg
   ススキで有名な奈良県の曽爾高原。奇跡的な晴天に恵まれた奥の細道第2弾。

   IMG_6252.jpg
   いつものシニアたちが山登りの出で立ちに余念がない。   

   IMG_6254_20181023180945bfa.jpg

   IMG_6255.jpg

   IMG_6259_2018102318115123c.jpg
   曽爾高原はバイクがやたら多いいな!

   IMG_6261_20181023181154dd9.jpg
   バイクでハイクがトレンドなのかね?

   IMG_6262_20181023181153901.jpg
   お山のバイク博覧会や!

   IMG_6263.jpg
   男性も女性もお気に入りのバイクと装備が実にカッコいい。

   IMG_6526.jpg
   美味そうなコンニャクだ!  出陣の門出に一本食すか!
   
   IMG_6529.jpg

   IMG_6530.jpg

   IMG_6532_201810231812014da.jpg
   不思議と味がない!  ただのコンニャクだね!

   IMG_6535_2018102318120238b.jpg
   これは生コンニャクの刺身だよ!

   IMG_6531_20181023181401070.jpg
   残念ながら期待した味ではなかったようです。

   IMG_6505.jpg
   あれが曽爾高原の亀山峠か!

   IMG_6507_20181023181403858.jpg
   今日も頑張って登るぞー!!

   IMG_6291_20181023181405828.jpg
   新兵器のモンベル・ティトンブーツの威力や・・如何に?

   IMG_6287_201810231814067c7.jpg

   IMG_6285_20181023181408cca.jpg

   IMG_6304.jpg
   ススキに囲まれた細道を健脚シニアたちは楽々と登りつめたようです。

   IMG_6337_20181023181411bca.jpg

   IMG_6339.jpg
   あれがお亀池や!   あの連峰は兜岳や鎧岳かなぁ~

   IMG_6327_201810231815421cb.jpg
   ススキに元気がないね! 台風21号の仕業らしいです・・

   IMG_6328_20181023181543168.jpg
   自然は強いからすぐ咲き誇るよ!

   IMG_6330.jpg
   足腰はどうでっか?    歳” 相応かなぁ~
   
   IMG_6334.jpg
   登りつめた感動と達成感は、シニアたちの笑顔が雄弁に物語ります。   

   IMG_6315.jpg

   IMG_6314_2018102318154948c.jpg

   IMG_6323.jpg
   日本ボソから先は有料だよ! 996mまで登ってみよう!
   
   IMG_6316.jpg
   行ってみる?         わずか20分らしいぞ!   

   IMG_6347_20181026170507289.jpg
   僅か20分がシニアにどれほど大変か知る由も無かっただろう。

   IMG_6344.jpg

   IMG_6343.jpg

   IMG_6342.jpg
   男女の睦まじい姿に 若い頃を思い出すなぁ~  

   IMG_6349.jpg
   最近の女性は積極的や!   時代ですかね?   

   IMG_6353.jpg
   女性の華やかなファッションと行動力には、たしかに魅了されます。   

   IMG_6354.jpg
   もうひと踏ん張り。シニアの熱き心が騒ぐようだが・・

   IMG_6355_20181023181759617.jpg

   IMG_6356.jpg
   そこのカメラペアー!!  一緒に登ろうぜぇ~

   IMG_6357.jpg
   ちょつと険しくなってきたぞ!
 
   IMG_6358.jpg
   こんな小さな子も登ったのかぁ~
 
   IMG_6359.jpg

   IMG_6361.jpg
   老若男女のハイカーが同じ目的地を目指す。自然が成しえる素晴らしい光景だ。

   IMG_6320_20181023182151fb8.jpg
   若い人は早い! はあ~ はあ~
   
   IMG_63230.jpg
   意外と傾斜がきついで!  ハチ高原の北壁並みや!   

   IMG_6324.jpg
   昔はスキーで飛ばしたが・・!  歳を実感するわぁ~

   IMG_6363.jpg
   よっしゃー!  根性で登りきるぞ!

   IMG_6364.jpg

   IMG_6366.jpg

   IMG_6374.jpg
   老いた体力を完璧装備に助けられ、どうにか登りつめたようです。   

   IMG_6375.jpg
   お~ぃ” 触れすぎやでぇ~  危険からの保護行為です! 
   
   IMG_6376.jpg
   そう言われれば・・!  たしかに奇岩は危ないけど・・?
   
   IMG_6383.jpg
   
   IMG_6387_20181023182402202.jpg
   先行した彼女も杖だよりか・・?  わかるわぁ~   

   IMG_6384.jpg
   岩場の急斜面は呼吸の乱れと、膝への負担は想像以上です。

   IMG_6393_201810231826065f2.jpg
   ついにやったぞー!!

   IMG_6397.jpg
   嬉しさ余って看板両手に、感無量の万歳!   

   IMG_6455.jpg
   記念に二人で看板を持って!  君の彼女も可愛いぞ~

   IMG_6402.jpg

   IMG_6489.jpg
   展望広場から曽爾高原の全景を眺め、それぞれに思いを寄せているようです。

   IMG_63280.jpg
   雄大な自然美と、忘れかけた懐かしさを存分に楽しめる曽爾高原。美しい斜面を覆う
   ススキが魅せる四季折々の表情は幻想的で、ぬるべの郷が訪れる人に優しく微笑む。

   IMG_6422.jpg
   雨にも負けず  風にも負けず   

   IMG_6441.jpg
   雪にも 夏の暑さにも負けぬ
   
   IMG_6448.jpg
   丈夫な体をもち 欲はなく 決して怒らず

   IMG_6444.jpg
   いつも静かに笑っている     曽爾のススキに 私は思う。 

   IMG_6464.jpg
   人のふれ合いと曽爾の美しい景色に感動を覚え下山です。   

   IMG_6472.jpg

   IMG_6478.jpg
   決して登っているのではありません。

   IMG_6479.jpg
   膝対策と安全のため慎重に後退しております。

   IMG_6482.jpg

   IMG_6483.jpg

   IMG_6480.jpg
   急斜面のため若い女性もクルクルと後退しながら下山。   

   IMG_6486.jpg
   壁のような登山道に何を思ったのかな??

   IMG_6487.jpg
   山ガールのお二人様、お疲れでした。

   IMG_6490.jpg
   風になびくススキに見送られながら、ゆっくり下山の途に就く。   

   IMG_6499.jpg

   IMG_6501.jpg

   IMG_6500.jpg

   IMG_6494.jpg

   IMG_6509.jpg
   秋の深まりをススキの穂先に感じる曽爾高原でした。

   IMG_6497.jpg
   いゃ~! 楽しかったが 疲れたぁ~

   IMG_6516.jpg
   台風21号は曽爾高原にも被害をもたらした。多くのススキがなぎ倒され、お亀池の
   水量も普段の5倍以上と、まるで曽爾ダムごときの様相を呈していたらしいです。   
   地に穴を開け排水に苦労されたそうですが、おかげ様で我々は美しい曽爾高原を満喫
   出来ました。次は何処の山に登るのか、心地よい季節までしばらく冬眠致しますか。
 
   イメージ挿入歌 思い出の赤いヤッケ  高石ともや
   イメージ掲載詩 雨ニモマケズ   作 宮沢賢治
   企画制作 技研クリエイティブ工房                     
                      
                        いつも一緒、素敵な貴方と

該当の記事は見つかりませんでした。