スーパーシニアツーリング6 能登半島

IMG_58891.gif
能登はいらんかね!おばちゃんの笑顔が優しく迎えてくれる日本の原風景にシニアの
心もなごむ。穏やかな能登の時間は、やさしい人々のぬくもりと絆が刻まれていた。

IMG_8489.jpg
むかしむかし、美しい海と緑の山々に囲まれた美しい郷がありました。

IMG_8313.jpg
作物を育て、漁に出て暮らす人々にとって自然は生命を繋いでくれる大切な存在。

IMG_8308.jpg
田や川、木や石まで身のまわりのものすべてに神様が宿っていると信じ嬉しいときは
一緒に酔い、悲しい時は心の支えにして片時も感謝を忘れず、共に生きていました。

IMG_8350.jpg
その暮らしは親から子へ、子から孫へと伝えられ、郷は栄え、文化が生まれ、やがて
ひとつの国ができました。

IMG_8446.jpg
能登立国から1300年。 時代がいくつ巡っても、この地の豊かな自然や神様との
生活は変わりません。

IMG_6104.jpg
1300年という時を経てなお能登では先人達から受け継いだ里山里海、伝統や文化    
が人々のやさしさと共に守り続けられています。

IMG_8174.jpg
この先が能登里山海道や・・ 地図は正確や!

IMG_8172.jpg
ナビで確認していますから行きますよ!

IMG_8180.jpg
何でもスマホや・・ 五感が鈍ってしまうわ!

IMG_8184.jpg
時代遅れのアナログ親父が能登海道へ先陣を切った。

IMG_8226.jpg
おお~ 無料の自動車道は年金暮らしには有難い!

IMG_8207.jpg
ブォ――――――――!!

IMG_8204.jpg
すべてが絶好調や!

IMG_8202.jpg
気合い入れて行くぞー!!

IMG_8221.jpg
今日のアナログ親父” ご機嫌やなぁ~

IMG_8212.jpg
ブォ―――――――――ン

IMG_8219.jpg
千里浜は自信ないよ!

IMG_8229.jpg
砂浜走行はやめようかなぁ~

IMG_8227.jpg
せっかく来たのに頑張ってくださいよ!

IMG_8217.jpg
砂浜走行は面白そうや!

IMG_8216.jpg
久しぶりに腕がなるぜー!!

IMG_8244.jpg
シュ――――――――――――ン

IMG_5848.jpg

IMG_5854.jpg
ザ~~ ザ~ ザザザザザ~~

IMG_5852.jpg

IMG_5856.jpg

IMG_5857.jpg
この長靴も完璧や!

IMG_5858.jpg
長靴にこだわるね!

IMG_5860.jpg
全天候対応は長靴だけや!     全天候ねぇ~

IMG_5867.jpg
たしかに風を遮り暖かく、雨の侵入も完璧に塞ぎ、軽く耐久性に優れ経済的だが唯一
欠点は夏場の蒸れと、何ともダサイそのスタイルだろう。

IMG_5870.jpg
個性豊かなシニアを千里浜でワンカット収めます。

IMG_5880.jpg
スマホは無くてはならんわ!

IMG_5879.jpg
でしょう~   アナログ親父は受け入れんか・・

IMG_5891.jpg
地図とガラケーで充分生きていけるぞ!

IMG_5883.jpg

IMG_5885.jpg

IMG_8254.jpg
シニアたちが千里浜なぎさドライブウェイを疾走。

IMG_8255.jpg
気分最高やー!!

IMG_8256.jpg
思ったより走れるよー!!

IMG_8257.jpg
開放感がたまらんわー!!

IMG_8258.jpg
バイクは長靴やでー!!

IMG_8259.jpg
ドドドドドーー!!

IMG_8279.jpg
ヒュ――――――――――ン

IMG_8285.jpg
ブォ――――――――――!!

IMG_8286.jpg
うおぉ~ 桜がきれいや!

IMG_8287.jpg
能登は今が満開かぁ~

IMG_8292.jpg
川の流れもゆっくりしとる!

IMG_8308_201805291733180e5.jpg
能登の米は美味いやろうなぁ~

IMG_8296.jpg
のどかな景色が続くわ!

IMG_8300.jpg
♪能登はいらんかいね~~♪♪

IMG_8302.jpg
♪ふるさと能登は よ~~♪♪

IMG_8405.jpg
鼻歌まじりの快適走行で能登金剛巌門に到着。

IMG_8310.jpg
ここが巌門か!       ええ景色やなぁ~

IMG_8313_20180529173528411.jpg

IMG_8314.jpg

IMG_8316.jpg
能登金剛は奇岩怪石が多いところや!  そうですか?

IMG_8319.jpg
この橋見た記憶があるなぁ~

IMG_8322.jpg
誰と来たのかハッキリしないが覚えがあるらしい。 いったい誰なんだろう??

IMG_8326.jpg

IMG_8324.jpg
この階段下りると・・   戻るのが大変そうや!

IMG_8329.jpg

IMG_8330.jpg
神秘的な洞窟ですね!

IMG_8332.jpg
神が宿っていそうな雰囲気や!

IMG_8334.jpg
ブーツが滑りそうや~   長靴も滑るわー!

IMG_8337.jpg
どこかに長靴の神はおらんかねぇ~

IMG_8340.jpg

IMG_8342.jpg
遊覧船で海側から眺める巌門はさぞかし雄大で美しいだろう。

IMG_8344.jpg
日本海の荒波が造った洞窟は高さ15m幅6m奥行き60mとなかなかの迫力です。

IMG_8348.jpg
大きな岩が今にも崩れそうや・・

IMG_8347.jpg
たしかに・・    岩の神が守っているはずや!

IMG_8350_20180529174009855.jpg

IMG_8349.jpg
上りは堪えそうだな!!

IMG_8353.jpg
能登金剛巌門は波食によって形成された天然の洞窟で、松本清張の小説「映画ゼロの
焦点」の舞台となったことで全国にその名を知られることになったらしい。

IMG_8367.jpg
あぁ~ しんどいー!!

IMG_8355.jpg

IMG_8356.jpg
足腰ガクガクのシニアたちの表情。

IMG_8366.jpg
元気おばちゃんの店で休憩しょう!  いいねぇ~

IMG_8372.jpg
懸命にソフトクリームを売り込んでいた能登のおばちゃんの店に向かいます。

IMG_8385.jpg
あらまぁ~  おってかいね!

IMG_8373.jpg
慌ただしく得意のソフトクリームの用意をしだした。

IMG_8375.jpg
能登で一番のをこっしゃえたでぇ~

IMG_8377.jpg
すったらこい美味いぞ! おばちゃんも大した営業や!

IMG_8379.jpg
おみやげも買わんかいね!  ちゃっちゃと・・

IMG_8380.jpg
あらっ″ あの人??

IMG_8386.jpg
最近腰が痛くてね~

IMG_8387.jpg
そりゃ だちかん!

IMG_8388.jpg
椅子でつくなる運動ができるとじゃ!

IMG_8389.jpg
片足上げて椅子から立てるかいね?

IMG_8390.jpg
みんな一緒にやらんとね!

IMG_8393.jpg
大阪のオッサンはおんじょいのぉ~

IMG_8394.jpg
両手を頭にぎんばるんじゃ!

IMG_8395.jpg
かったるいのぉ~    あじゃかしいわ!

IMG_8396.jpg
おばちゃんも厳しいな!

IMG_8398.jpg
出来そう??

IMG_8399.jpg
わっ 出来た!    これぐらい出来ますよ!

IMG_8400.jpg
ちょっとしたコツです!

IMG_8401.jpg

IMG_8403.jpg
それにしても能登のおばちゃんは元気や!

IMG_8404.jpg
大阪のおばはんも‥あの人には負けるわ!

IMG_8406.jpg
海がきれいや!

IMG_8407.jpg
みんなも快適そうに走っとる!

IMG_8416.jpg
ギネス認定の世界一長いベンチで短い休憩をいたします。

IMG_8420.jpg

IMG_8424.jpg
若干お疲れ気味のシニアたち。

IMG_8427.jpg
きれいな日本海や・・  能登はほんまにええなぁ~

IMG_8429.jpg
増穂浦海岸にある全長460mのベンチは1989年(平成元年)に世界で一番長い
ベンチとしてギネスブックに掲載されました。

IMG_8443.jpg
義経の舟隠しを目指します。

IMG_8445.jpg
能登もいよいよ田植えの季節か!

IMG_8447.jpg
今晩は能登のコシヒカリが味わえそう・・

IMG_8448.jpg
どこを見ても絵になる美しさや!

IMG_8466.jpg
義経の舟隠しに到着。源義経が頼朝の追手や嵐から逃れるため、48隻もの舟を隠し
たといわれる入江で沖からは見えにくい断崖絶壁です。

IMG_8464.jpg

IMG_8455.jpg
岩山の先に見えるナセの断崖は時間の都合で又の機会としょう。

29126791.jpg
義経の舟隠しを上から望む。およそ幅5m全長100mほどあるらしい。

IMG_8457.jpg

IMG_8458.jpg
周辺の景色も奇岩怪石が多く点在する海岸です。

IMG_8452.jpg
夕日が眩しい水平線から一隻の小舟が現れた。もしかして義経の幻か??

IMG_8478.jpg
それでは本日のお宿に疲れたシニアをご案内。

IMG_8479.jpg
今回も上品なお宿ですよ!

IMG_8480.jpg
ナセの断崖ときらめく日本海が美しい!

IMG_8485.jpg
ブィ――――――――――ン

IMG_5967.jpg
和倉温泉唯一のロケーションを誇る老舗旅館の多田屋に到着。

IMG_5968.jpg
佐賀鍋島藩ゆかりのお宿が夕日と共に優しく迎えてくれます。

IMG_5936.jpg

IMG_5934.jpg
館内の上品なしつらえが旅人を和ませてくれる。

IMG_5932.jpg
渡り廊下の先に能登の彩が詰まったロビーとフロントが現れます。

IMG_5929.jpg
赤い花嫁のれんに包まれたフロントは能登情緒が漂い素晴らしいです。
美しく可愛いのれんは、加賀藩の嫁ぐ女性が持参する嫁入り道具の一つで、婚家先の
仏間にかけられ花嫁はそれをくぐってご先祖様に挨拶をします。能登の風習らしい。

IMG_5910.jpg

IMG_6003.jpg
能登気分に浸りながら趣あるお部屋に案内していただきます。

IMG_5893.jpg
わぁ~ 目の前が海や!!

IMG_5896.jpg
あそこが大浴場らしいよ!

IMG_5899.jpg
シニアの表情も嬉しさ満開だ。

IMG_5906.jpg
角部屋で最高の景色や!

IMG_5908.jpg
社長の指定宿はいつも完璧やなぁ~  来てよかったよ!

IMG_5898.jpg
夕日に染まる宿周辺を散策してみましょう。

IMG_5916.jpg
フロント・ロビーへの赤い絨毯が素敵だ。

IMG_5917.jpg
おみやげコーナーも充実しております。

IMG_5983.jpg
ロビーの大きなウインドウから七尾湾の美しい夕日が眺められる。

IMG_5973.jpg
広々としたフロントとロビーに夕日に染まる花嫁のれんが際だちます。

IMG_5930.jpg
緩やかなカーブが特徴の渡り廊下の趣が素晴しい。

IMG_5931.jpg
曲線美のウインドウから眺める景色は能登の絵そのもの。

IMG_5937.jpg
玄関を出ると落ち着いたデッキが旅人を癒す。

IMG_5939.jpg
おしゃれなシートに身をゆだねると至宝の景色が目に飛び込む。

IMG_5942.jpg

IMG_5952.jpg

IMG_5957.jpg
能登の桜は今が旬。夕日が染める赤い桜は格別です。

IMG_5962.jpg

IMG_5953.jpg
恋人たちも七尾湾の夕日に感動しているようだ。  それでは温泉へ。

IMG_8508.jpg
和倉の湯に身をゆだねる至福の時。

IMG_8514.jpg
無色透明だが塩分が非常に強い泉質です。

IMG_8518.jpg

IMG_8522.jpg
神経痛・関節痛・腰痛に効能が高く、シニアにはベストマッチングだ。

IMG_8519.jpg
そして多田屋にはドラマが   ♪♪〰 夕日が泣いている  唄 ザ・スパイダース

IMG_5978.jpg
♪夕焼け~  海の夕焼け~~♪♪

IMG_5989.jpg
♪真赤な~  別れの色だよ~~♪♪

IMG_6001.jpg
♪誰かに恋を~して~  激しい恋を~して~~♪♪

IMG_5990.jpg
♪夕日が泣いて~い~る~~♪♪

IMG_6000.jpg
♪僕の~心のように~  夕日も~泣いているのだろ~~♪♪

IMG_6006.jpg
♪夕焼け~  夕焼け~  夕焼け~~~♪♪

IMG_6021.jpg
お楽しみの小ぶりな宴会。いつものように個室料亭です。

IMG_6023.jpg
上品な先付け料理

IMG_6028.jpg
スーパーシニアと和倉の夜にカンパーイ。

IMG_6029.jpg

IMG_6026.jpg

IMG_6043.jpg

IMG_6044.jpg

IMG_6046.jpg

IMG_6047.jpg

IMG_6049.jpg

IMG_6051.jpg
旬な料理がまだまだ続きますよ。

IMG_6040.jpg
上品な宿だねぇ~     湯上りのビールは最高や!

IMG_6031.jpg
ところで多田屋三代目の情熱の恋はすごいで!

IMG_6035.jpg
佐賀鍋島藩のお姫様の話やろう~

IMG_6054.jpg
ギャラリー近くに当時の資料を展示していたね~

IMG_6053.jpg
多田屋の三代目が鍋島家の令嬢と禁断の恋や!

IMG_6052.jpg
時は明治や・・  身分が違いすぎるで~

IMG_6041.jpg
二人の想いは強かったんやな・・ うらやましい!

IMG_6037.jpg
駆け落ちしてまで一緒になりたかったんや・・

IMG_6060.jpg
凄いラブストーリーや!   江戸時代なら打ち首やで~

IMG_6059.jpg
二人は命がけで愛を貫いたんや・・

IMG_6056.jpg
その後この和倉で4人の子供に恵まれたとか・・

IMG_6030.jpg
最後の藩主鍋島直虎も二人を認めてくれ・・愛でたしや!

IMG_6039.jpg
シニアたちは今の奥方との愛に命まで賭けただろうか・・はてな??

IMG_6062.jpg
気が付くと誰もいなくなったレストラン。 我々もそろそろ退散いたそう。

IMG_6063.jpg
命がけの恋はなかなか出来んわ!

IMG_6064.jpg
凡人には無理や!

IMG_6065.jpg
それにしても羨ましい・・

IMG_6067.jpg

IMG_6075.jpg

IMG_6079.jpg
色々買って来たよ!

IMG_6084.jpg

IMG_6072.jpg
アイスクリームをたしなめながらシニアの人生談義が和倉の夜に華と咲く。

IMG_6086.jpg

IMG_6093.jpg

IMG_6097.jpg

IMG_6088.jpg

IMG_6089.jpg
中居さんのお給仕で能登のおいしい朝ごはんです。

IMG_6102.jpg

IMG_6104_20180529183421680.jpg

IMG_6106.jpg
出発前にコーヒーラウンジで一夜の想いを語り合う。満足そうだ!

IMG_6117.jpg

IMG_6118.jpg

IMG_6119.jpg
お宿多田屋の玄関先で定番の一枚。

IMG_6124.jpg
お世話になった女将さんと七尾湾をバックに笑顔のショット。

IMG_6125.jpg

IMG_6128.jpg
春夏秋冬それぞれ絵になる多田屋のエントランスは素晴らしいです。

IMG_6130.jpg

IMG_6132.jpg

IMG_6134.jpg

IMG_8538.jpg
女将さんにお願いしたシニアたちの晴れ姿。

IMG_8540.jpg
最後まで素敵な笑顔でお見送りいただきありがとうございます。

IMG_8541.jpg
若女将か中居さんか??  また来たいお宿になってしまった。

IMG_8543.jpg
能登島を目指しバイクが疾走します。

IMG_8544.jpg
今日も快適だぞ!

IMG_8553.jpg
みんなも絶好調のようだ・・

IMG_8556.jpg
前方に能登島が見えて来た!

IMG_6137.jpg
能登島大橋は全長1050m七尾湾の海上を優美な姿でつないでいる。
右前方に見える建物群が和倉温泉の町並みです。

IMG_6148.jpg
能登の自然美とおもてなしの魅力にシニアたちの表情にも優しさが。

IMG_6155.jpg
スーパーシニアツーリングも今年で5年。歳も新たに積み重なったが、やめられん。
決して楽ではないバイクという不思議な乗り物だけが、旅先で原色の風景や匂いを
全身で感じとれる。シニア諸君、また次なるドラマをこの道の遥か先で作ろうぞ。

                     いつも一緒、素敵な貴方と


   ブログランキング・にほんブログ村へ
   ブログランキングに参加しています。
   クリックにご協力お願いします。

該当の記事は見つかりませんでした。