瀬戸の島旅を心ゆくまで in 小豆島

   IMG_031710hatuzima.gif
   今年も恒例のイベントが、お客様のご期待にお答えして賑やかに開催です。
   バイク旅物語の編集は大変な作業です。お客様方の嬉しそうな表情や景色
   など、瞬間の1枚に拘り時間と手間と愛情を込めて制作を致しております。
   お客様の喜びとアクティブな魅力が余すところなく全編に溢れた爆笑物語。

   IMG_02661hatuzima.jpg
   今回のオープニングは岡山県の日生港から。

   IMG_02651hatuzima.jpg
   連休は大混雑だが、技研はお客様に貸切専用フェリーをご用意致しました。

   IMG_02841hatuzima.jpg

   IMG_02821hatuzima.jpg
   どうやら元気なデコボコライダー達が予定通り到着したようだ。

   IMG_02761hatuzima.jpg
   今度の新型も凄いな!!

   IMG_02681hatuzima.jpg
   この日のために無理したのよ!   かっこいい!!

   IMG_02751hatuzima.jpg
   1年前から計画していた彼女の新車をみんなが祝福の目で眺めるが
   今回のご成約と初乗りに技研は誰よりも嬉しく感謝申し上げます。

   IMG_02731hatuzima.jpg
   手前の定期フェリーが出港すると我々の貸切フェリーの出番です。

   DSC_3462yuzima.jpg
   まもなく貸切船の出港ですからご用意下さい!

   DSC_3467yuzima.jpg

   DSC_3470yuzima.jpg
   貸切とは技研はスケールが違うな!

   DSC_3471yuzima.jpg
   私の新車に相応しい出迎えだわ!

   DSC_3473yuzima.jpg
   お嬢様お待たせ致しました!

   DSC_3474yuzima.jpg
   ドドドドドーー!!

   DSC_3477yuzima.jpg

   DSC_3478yuzima.jpg

   IMG_02881hatuzima.jpg
   ブブブブブブーー!!

   IMG_02901hatuzima.jpg

   IMG_02911hatuzima.jpg

   IMG_4723maezima.jpg
   広い貨物室はバイクが占領。

   IMG_1061unozima.jpg
   定期船は人も車も溢れていたが、みんなの貸切船は優雅なもんだ。

   IMG_1067unozima.jpg
   貨物デッキがガラ空きのままゲートが閉じられました。

   IMG_03091hatuzima.jpg
   小豆島に向け出航。

   IMG_03141hatuzima.jpg
   ザアァァァーーー!!

   IMG_03171hatuzima.jpg

   IMG_02991hatuzima.jpg
   今日は子供の日。船上のマストには鯉の親子が技研の皆様を歓迎している。

   IMG_4740maezima.jpg
   みんな並んで並んで!!

   IMG_4741maezima.jpg
   よそ行きのええ顔してやー!

   IMG_03041hatuzima.jpg
   心地よい瀬戸の潮風を受けながら恒例のシーン。

   IMG_03081hatuzima.jpg

   IMG_03071hatuzima.jpg
   美しい洋上を眺めながら思い思いに寛ぐひと時。

   IMG_7167ryozima.jpg

   IMG_7172ryozima.jpg

   IMG_7175ryozima.jpg
   あっ! ええ球見つけた!

   IMG_7180ryozima.jpg

   IMG_7164ryozima.jpg
   俺のスカルプ返しを知らんな!!

   IMG_7166ryozima.jpg
   うわ 眩しいー!!  光る魔球に空振り三振!!

   IMG_7170ryozima.jpg
   ふぁ~ 子供みたい。     たしかに男子はね。

   IMG_7161ryozima.jpg
   禿げた頭を光る魔球とは・・発想が若者らしい。

   IMG_7159ryozima.jpg

   IMG_7186ryozima.jpg

   IMG_7196ryozima.jpg
   あれほど騒いでいたのに・・うそみたい。

   IMG_7198ryozima.jpg
   彼らは修業がたりん!  根性も不足しておる。

   IMG_7195ryozima.jpg
   お二人はとてもお似合いよ!

   IMG_03231hatuzima.jpg
   綺麗なお姉さんに恥らう初心な少年の表情がなんとも可愛い。

   IMG_1090unozima.jpg
   貸切の開放的な船内ではお客様が楽しい時間を過されています。

   IMG_03261hatuzima.jpg
   バイクの台数が凄い!!  これだけ並ぶと迫力ね!

   IMG_03251hatuzima.jpg
   フェリーが小豆島に到着。上陸と共に技研ワールドが展開される。

   IMG_03281hatuzima.jpg

   P1130779yonezima.jpg
   ブブブブブーーー!!

   P1130780yonezima.jpg

   P1130781yonezima.jpg
   社長の先導で楽しい小豆島のバイクツーリングがスタートです。

   IMG_03341hatuzima.jpg

   IMG_03311hatuzima.jpg

   IMG_03321hatuzima.jpg

   IMG_03351hatuzima.jpg
   南国の雰囲気が漂うシーサイドラインに心ときめく。

   IMG_03391hatuzima.jpg

   IMG_03411hatuzima.jpg

   IMG_03461hatuzima.jpg
   小豆島には良質な花崗岩が取れる事で知られ、この辺一帯の岩石が
   大阪城の石垣などにかなりの量が切り出されたらしい。

   IMG_03471hatuzima.jpg
   こんな所から良く運んだものだ!

   IMG_03491hatuzima.jpg

   IMG_03501hatuzima.jpg

   IMG_03511hatuzima.jpg

   IMG_03521hatuzima.jpg

   IMG_03531hatuzima.jpg

   IMG_03541hatuzima.jpg

   IMG_03551hatuzima.jpg

   IMG_03561hatuzima.jpg

   IMG_03571hatuzima.jpg

   IMG_03581hatuzima.jpg

   IMG_03591hatuzima.jpg

   P1130796yonezima.jpg
   シユュ―――ン!!

   IMG_03601hatuzima.jpg
   絶景のロケーションにお客様の走行シーンを久しぶりに収めてみた。

   IMG_03641hatuzima.jpg
   400年以上の歴史をもつ小豆島の醤油造りの町にやって来ました。
   醤油の郷と呼ばれる一帯には、黒い壁の醤油蔵や佃煮工場が残り
   昔ながらの手法で作る醤油のかぐわしい香りに包まれます。

   IMG_4786maezima.jpg

   IMG_03671hatuzima.jpg

   IMG_03681hatuzima.jpg

   IMG_03691hatuzima.jpg
   醤油の香りがええなぁ~

   IMG_4785maezima.jpg
   かぐわしい香りが天まで届きそうや!

   IMG_03741hatuzima.jpg

   IMG_03761hatuzima.jpg
   醤油の味は大好き!!     日本の文化ね!

   P1130839yonezima.jpg

   IMG_03751hatuzima.jpg
   快適にバイクを走らせ、岬の分教場で知られる「二十四の瞳・映画村」に
   到着しました。日本が貧しかった頃、今では懐かしい大正・昭和時代の
   セットに、破天荒なお客様のそれぞれの表情と動きが愛らしく魅力的だ。

   IMG_03821hatuzima.jpg

   IMG_03831hatuzima.jpg

   IMG_4800maezima.jpg

   IMG_03841hatuzima.jpg
   みんな入場券はこちらやで!

   IMG_03851hatuzima.jpg
   時代を感じる楽しそうな所や!!

   IMG_1121unozima.jpg

   IMG_03871hatuzima.jpg

   IMG_03881hatuzima.jpg
   往年の銀幕スターが呼び寄せるキネマの庵に入って見ましょう。

   IMG_04131hatuzima.jpg
   うわぁ~  懐かしい!!

   IMG_4834maezima.jpg
   当時の若者の憧れだった石原裕次郎。タフガイで名を馳せ女性を虜にした。
   みなさんはご存じかな? 東京都知事を務めた石原慎太郎さんの弟です。

   IMG_4835maezima.jpg
   こちらはナイトガイで淑女の心を鷲掴み。特徴のある甲高い声が支持され
   ヒットレコードも多く発売され歌手としても有名な小林旭です。

   IMG_4838maezima.jpg
   七人の侍は黒澤明監督の拘りの映画。当時のハリウッドが荒野の七人は
   黒澤映画を大いに参考にしたとか?この映画の主人公が三船敏郎です。

   IMG_04151hatuzima.jpg
   この羅生門が三船の世界デビュー作。三船は巨匠・黒澤明監督の作品と
   日本映画の看板スターだった。今何かと話題の三船美佳は彼の娘である。

   IMG_04171hatuzima.jpg
   「伊豆の踊子・愛と希望の街・二十四の瞳・東京物語・君の名は」どれも
   素晴らしい感動名作で、当時の観客の心を揺さぶりました。
   東映・大映・東宝・日活・松竹など大手映画会社が全盛の時代だった。

   IMG_04201hatuzima.jpg
   ダイハツ工業のミゼット最終モデル。知る人には懐かしい乗り物だろう。
   高度成長の真っ只中、お茶の間で大人気の大村昆と佐々十郎が番組の中で
   ミゼット!ミゼット! 両手を広げてブラウン管に賑やかに登場していた。
   貧しい時代は夢と希望が持てた・・思えば私も結構な年代者だ。

   IMG_03941hatuzima.jpg

   IMG_04331hatuzima.jpg
   坪井栄のベストセラー小説「二十四の瞳」が映画化された際のセットです。

   IMG_04321hatuzima.jpg

   IMG_04311hatuzima.jpg

   IMG_04291hatuzima.jpg

   IMG_04281hatuzima.jpg
   瀬戸内海を見渡す海辺がロケ地として使われ、机や椅子は当時のまま残り 
   懐かしい教室では、憧れた女子生徒の記憶だけが脳裏に鮮明に浮かんだ。

   IMG_04221hatuzima.jpg
   当時を忍ばせる舞台衣装の若い二人が実にいい雰囲気を添えてくれる。

   IMG_04261hatuzima.jpg

   IMG_04251hatuzima.jpg

   IMG_04231hatuzima.jpg

   IMG_7375ryozima.jpg
   あの二人に負けたくない!!

   IMG_7387ryozima.jpg
   腕に覚えのある米穀店の三代目が米搗き式の竹馬教室を始めた。

   IMG_7371ryozima.jpg
   米を搗くように上手く乗れたようだ。

   IMG_7265ryozima.jpg
   竹馬ショータイムの始まりやで!

   IMG_7254ryozima.jpg
   俺に任せて下さい!    乗れそうか?

   IMG_7255ryozima.jpg
   個性的なヒゲ顔は大いに期待出来そうだ。

   IMG_7346ryozima.jpg
   うん″~ ??

   IMG_7348ryozima.jpg
   あああっー!!       凄いガニ股や!

   IMG_7353ryozima.jpg
   こっ″″これは??     このへたくそがぁ==!!        

   IMG_7258ryozima.jpg
   そこの野次馬のおっさん!! やって見なよ!

   IMG_7297ryozima.jpg
   ヒゲおやじが・・竹馬も野次馬も軽いもんや!

   IMG_7305ryozima.jpg
   よう見ときや!  あらっ??

   IMG_7309ryozima.jpg
   あっ″″ あへぇーー!!

   IMG_7281ryozima.jpg
   二人とも鈍くさいな!

   IMG_7284ryozima.jpg
   わしに任せんかいな!   昔はよく乗ったよな!

   IMG_7295ryozima.jpg
   幼少の頃は木馬の騎士と言われたもんや!?

   IMG_7290ryozima.jpg
   うおっ″とっとっと!!   股関節が何か変や?

   IMG_7335ryozima.jpg
   ドッテンー!!   年かなぁ~

   IMG_7318ryozima.jpg
   完全確実に老いですわ。    無理は禁物や!

   IMG_7275ryozima.jpg
   高齢者は自重して下さい!   昔は乗れたぞ!!

   IMG_7273ryozima.jpg
   月日が経つのは早いです。     おかしいなぁ~

   IMG_7227ryozima.jpg
   ちょっと厳しい事言ったかな?

   IMG_7243ryozima.jpg

   IMG_7244ryozima.jpg
   あれっ!    足が曲がってる??

   IMG_04351hatuzima.jpg

   IMG_1126unozima.jpg
   変形した足は無視。映画村の浜辺に個性的なお客様の足跡を残した。 

   IMG_1112unozima.jpg
   向こうに見える大きな樽の中から賑やかな声が聞こえるが?

   IMG_1148unozima.jpg
   どうやら洒落たバスの待合室らしい。     助けてくれーー!!
   
   IMG_1151unozima.jpg
   腰がががががががー!!  おぉ~上手い芝居や!?

   IMG_03771hatuzima.jpg

   IMG_1154unozima.jpg
   ほぉ~ すべての操作が手動やな!

   IMG_1160unozima.jpg

   IMG_04481hatuzima.jpg
   昭和の30年代の最先端スタイルだったイスズ自動車のボンネットバスで
   最盛期には女性バスガイドが発車オーライと、元気良く走っていました。

   IMG_04491hatuzima.jpg
   発車時刻のようです。

   IMG_04501hatuzima.jpg
   ガガガガガーー!!

   IMG_04511hatuzima.jpg

   IMG_04521hatuzima.jpg
   ブブブブーーー!!

   IMG_04531hatuzima.jpg
   我々もお宿を目指して出発します。

   IMG_04541hatuzima.jpg

   IMG_04551hatuzima.jpg

   IMG_04561hatuzima.jpg

   IMG_04571hatuzima.jpg

   IMG_04581hatuzima.jpg

   IMG_04591hatuzima.jpg

   IMG_04621hatuzima.jpg
   シユューー―ン!!

   IMG_018611.jpg
   透き通る青い空と光り輝く瀬戸の海にお客様もバイクも絶好調。

   IMG_04751hatuzima.jpg

   IMG_04731hatuzima.jpg
   本日のお宿の天空ホテル海廬に到着しました。

   IMG_04761hatuzima.jpg
   皆様にご満足頂くため絶景のロケーションを誇るお宿をご用意致しました。

   IMG_04771hatuzima.jpg

   IMG_05041hatuzima.jpg
   巨大ガラス越しのエンジェルロードが迫力の美しさだ。

   IMG_05101hatuzima.jpg
   ガーデンテラスに出るとその景観はまるで絵画と錯覚するほど感動する。

   IMG_04881hatuzima.jpg
   高層の部屋から望むとその美しさはさらに際立つ。

   IMG_04921hatuzima.jpg

   IMG_0016hatuzima.jpg
   引き潮のエンジェルロードは恋人たちで賑わっているようだ。

   IMG_0018hatuzima.jpg
   この辺で旅の疲れを温泉で癒すとしよう。

   IMG_00280hatuzima.jpg

   IMG_00330hatuzima.jpg
   湯船から見渡す美しい瀬戸の風景が印象的です。

   IMG_0010hatuzima.jpg
   うわぁ~ 露天の眺めも最高や!!

   IMG_00310hatuzima.jpg

   IMG_00380hatuzima.jpg
   風情のある露店風呂で肩を寄せ合う竹馬の友たち。

   IMG_00410hatuzima.jpg
   極め付けは高級マッサージ機に身を委ねる若年寄たちの満足顔。

   IMG_05001hatuzima.jpg
   ビールを片手に幸せそう。

   IMG_0027hatuzima.jpg
   湯上りのお客様を冷めたい生とガラス越しに広がる絶景が癒します。

   IMG_0032hatuzima.jpg
   瀬戸の日暮れは綺麗や。   波も静かだ。

   IMG_0035hatuzima.jpg
   ♪瀬戸は~ 日暮れて~  夕波~ 小波~ ♪♪

   IMG_7563ryozima.jpg

   IMG_7564ryozima.jpg

   IMG_7566ryozima.jpg
   瀬戸内の新鮮な味と技研の味を存分に御賞味頂く伝説の宴会が始まる。

   IMG_7569ryozima.jpg
   いつもの様にひと味違う宴会が社長の音頭でスタート。

   IMG_7552ryozima.jpg
   今日もいけそう?      飲み倒すわよ!!

   IMG_7554ryozima.jpg
   彼女の底無しは有名やからな!

   IMG_7556ryozima.jpg
   酒の底なし女は恐ろしいぞ。

   IMG_7559ryozima.jpg
   僕らのグラスには底があるぞ!  ほらほら!

   IMG_7558ryozima.jpg
   底無しの勘違いやで!   俺も底は知らんぞ!

   IMG_7560ryozima.jpg
   私達がお酌サービス致しますわよ!

   IMG_7561ryozima.jpg
   美しい女性に囲まれてシニアもご機嫌です。

   IMG_7583ryozima.jpg

   IMG_7586ryozima.jpg
   それにしても竹馬にはやられた。

   IMG_7590ryozima.jpg
   確かにバイクよりバランスが難しいかも!

   IMG_7614ryozima.jpg
   お父様どうぞ!!   おぉ~自分の娘みたいや!

   IMG_7616ryozima.jpg
   おっさんツーリングよりええな!  絶対ええわ!!

   IMG_7625ryozima.jpg
   たしかに華やかな女性が多いと盛り上がる!

   IMG_7601ryozima.jpg
   男の人に優しく振る舞う愛しい彼女が気がかりの様だ。

   IMG_7603ryozima.jpg
   彼女に妬いてるな!!

   IMG_7624ryozima.jpg
   彼女に代わり私が!   おっ お気遣いをどうも!!

   IMG_7611ryozima.jpg

   IMG_7629ryozima.jpg
   見慣れた嫁の酌より酒に色気があるわ。

   IMG_7630ryozima.jpg
   やはり貴方も・・同感ですな。

   IMG_7632ryozima.jpg
   えっ!!   嫁に知れるとまずいぞぉ~

   IMG_7633ryozima.jpg
   今の言葉を撤回しなさい!!

   IMG_7619ryozima.jpg
   独身者はその辺が気楽や!  独身天国やね!

   IMG_7637ryozima.jpg
   独身は数少ない特権よ!     その通りや!!

   IMG_7594ryozima.jpg
   大人の会話はいつも複雑怪奇や。

   IMG_7589ryozima.jpg
   少年が呟いてるわ!   子供は分からんでいいの!

   IMG_7640ryozima.jpg
   みんなも酔いが回って来たかな?

   IMG_0162hatuzima.jpg

   IMG_0166hatuzima.jpg
   伝説の宴会はまだ続いていますが、館内の至る所に今日の終わりが漂う
   ロビーの椅子もお客様から解放され、背を伸ばしながら休んでいる様だ。

   IMG_0167hatuzima.jpg

   IMG_0170hatuzima.jpg
   ガーデンテラスでは恋人たちの椅子が、月夜に浮かぶエンジェルロードを
   眺め、寄り添いながら恋を語り合っている様にも見えるから不思議。

   IMG_0193hatuzima.jpg

   IMG_0195hatuzima.jpg
   恋人たちに爽やかな朝日がほほ笑む。

   IMG_7649ryozima.jpg
   うわぁ~ 美味しそう!

   IMG_7651ryozima.jpg
   これは僕の好きな味や!

   IMG_7659ryozima.jpg
   こんど私が作ってあげるわ!

   IMG_7662ryozima.jpg
   ええ事や! その気持ち忘れたらあかんで。

   IMG_7658ryozima.jpg
   お節介な・・・昨夜の反省したのかしら。 

   IMG_7656ryozima.jpg
   最近の大和撫子はなかなか手厳しいぞ。 用心 用心。

   IMG_7679ryozima.jpg
   恋人の聖地エンジェルロードを眼下に見渡せる小豆島の絶景に位置する
   天空ホテル海廬の維持管理された施設と行き届いたホスピタリティーに
   お客様には大満足頂きました。素敵な一夜をありがとうございました。

   P1130863yonezima.jpg

   P1130864yonezima.jpg

   P1130870yonezima.jpg

   P1130868yonezima.jpg

   P1130866yonezima.jpg
   全員準備が整ったようなので出発します。

   IMG_05121hatuzima.jpg

   IMG_7683ryozima.jpg
   これがエンジェルロードか!

   IMG_7688ryozima.jpg
   この真ん中で手を繋ぐと恋が叶うらしいぞ!

   IMG_7691ryozima.jpg

   IMG_7693ryozima.jpg
   潮が満ちて来た!   すでに手遅れやわ。

   IMG_7695ryozima.jpg
   美女は無理でもそれなりなら可能や!

   IMG_7696ryozima.jpg
   早やく! 早やく!   時間が無い。

   IMG_7698ryozima.jpg
   ほんまに出会いが叶うのか??

   IMG_7705ryozima.jpg

   IMG_7702ryozima.jpg
   海の水が冷たくって気持ちいい!!

   IMG_7703ryozima.jpg
   いい人と出会えますように!

   IMG_7707ryozima.jpg

   IMG_7711ryozima.jpg
   彼女は信じて渡り切ったが果たしてどうだろうか。

   IMG_7730ryozima.jpg
   たしかに奇妙な幅広おばさんと出会えたようだ。

   IMG_7737ryozima.jpg
   先端まで来たが何も無かったぞー!!

   IMG_7740ryozima.jpg
   どうするんや!  幸せは山の彼方の尚遠くかな??

   IMG_7764ryozima.jpg

   IMG_7761ryozima.jpg
   これだけ潮が満ちたら完全に時間切れや!

   IMG_7745ryozima.jpg

   IMG_7766ryozima.jpg
   先端まで行ったのに・・・おっさんは信用出来ん!!

   IMG_5136maezima.jpg
   恋の軌跡を信じて潮の流れに裾も濡らしたが、もう濡れたままでいい
   一人でこのまま歩いて行く。そんな表情と気持ちを背中が語っている。

   IMG_0218hatuzima.jpg
   弁天島と中余島の間は潮が引くと砂州が現れて、それぞれの島がつながる。
   エンジェルロード「天使の散歩道」の真ん中に立ち好きな人と手を繋ぐと
   恋の願いが叶う。基本的に恋人のいる人が対象となっており、勘違いした
   ダルイ人たちの失望感漂う表情を恋の聖地で仲良く収めた。

   IMG_0200hatuzima.jpg
   うん? 別の男性と素敵な縁談がありますように!?

   IMG_0220hatuzima.jpg
   麻子ちゃんは大丈夫?  当たり前じゃない!!

   IMG_0222hatuzima.jpg
   切ない思いが綴られてる!    禁じられた恋か。

   IMG_0223hatuzima.jpg
   恋の甘さも苦さも知る独身貴族たちは足取りも軽い。

   P1130847yonezima.jpg
   次のポイントに向け出発だぞぉ~

   P1130846yonezima.jpg

   P1130821yonezima.jpg
   ドドドドドーーー!!

   P1130792yonezima.jpg
    ブオォ―――ン!!

   IMG_5144maezima.jpg

   IMG_7793ryozima.jpg
   恋なんか忘れて無心に愛車を走らせ大阪城残石記念公園に到着。

   IMG_7801ryozima.jpg
   こんなデッカイ石を運んだのか!

   IMG_7804ryozima.jpg
   この大きな石はビクともせんぞ!

   IMG_7807ryozima.jpg
   重機はすべて木製だ!  ジャパンオリジナルやな!

   IMG_7815ryozima.jpg

   IMG_7816ryozima.jpg

   IMG_7810ryozima.jpg

   IMG_7809ryozima.jpg
   どれを取っても人の力が基本だね。

   IMG_7828ryozima.jpg
   戦国時代の終わりに夏・冬の陣で落城した大阪城を修築するために
   切り出された40個の残石が積み上げられているが、ひとつの石で
   重量は2トンにも及ぶらしい。

   IMG_0227hatuzima.jpg
   大阪城にはもっと大きい石があるぞ!

   IMG_0229hatuzima.jpg
   大きいのは100トン越えと聞いたが!

   IMG_0250hatuzima.jpg
   昔の人はほんとに凄い!

   IMG_0251hatuzima.jpg
   見習うべきでしよう・・現代の人も。

   IMG_0253hatuzima.jpg
   僕は10kgの米でもヘロヘロや。

   IMG_0241hatuzima.jpg

   IMG_0255hatuzima.jpg

   IMG_0254hatuzima.jpg
   戦国時代の築城について感想が色々出ても所詮次元が違い理解出来ず。

   IMG_0238hatuzima.jpg
   そんなお客様の旅もクライマックス。フェリー乗り場に向け出発しました。

   P1130801yonezima.jpg
   ドドドドドーーー!!

   P1130800yonezima.jpg

   P1130799yonezima.jpg

   P1130796yonezima.jpg
   シユュ―――ン!!

   IMG_05601hatuzima.jpg
   全員無事に大部のフェリー乗り場に到着。

   P1130907yonezima.jpg

   IMG_05641hatuzima.jpg

   P1130913yonezima.jpg
   フェリーの入港を眺めるお客様のリヤースタイルも少々お疲れ気味。

   IMG_05701hatuzima.jpg

   IMG_05731hatuzima.jpg
   ご安心下さい。帰りのフェリーも技研御用達の貸切り船ですので
   船内でごゆっくりお寛ぎくださいませ。

   P1130927yonezima.jpg

   P1130928yonezima.jpg
   ドドドドドドドドドドーーー!!

   IMG_05891hatuzima.jpg
   ザザザザザーーー!!

   IMG_7847ryozima.jpg
   潮風と波の音が心地良く彼女たちの眠気を誘う。

   IMG_7850ryozima.jpg
   こちらは例のエンジェルロードに失望されたお客様。お疲れの様だ。

   IMG_7860ryozima.jpg
   こちらはさらにお疲れだ。竹馬に奮闘されたシニアのお客様ではないか。

   IMG_05901hatuzima.jpg

   IMG_05911hatuzima.jpg
   二人の仲は誰にも邪魔させません。心置きなく語り合い、理解し合って
   幸せになってほしい。エンジェルロードの天使が優しくほほ笑む事を願い
   良き雰囲気の男女を遠くから見守ります。

   IMG_05941hatuzima.jpg
   5月5日の子供の日は、大人が再び子供に戻れる特別な日かも知れない。
   岬の分教場で昭和の時代に遊び、初心な少年期の淡い片思いを懐かしく
   想い浮かべた。天使の散歩道では若者も同様に恋愛心を昂ぶらせていた。
   時代は無言で移り往くが、どんな時代も人が人を愛する気持ちは決して
   変わらない。瀬戸の島旅でのそんな思いは、すべての世代が同じはずだ。

                  いつも一緒、素敵な貴方と


   ブログランキング・にほんブログ村へ
   ブログランキングに参加しています。
   クリックにご協力お願いします。

該当の記事は見つかりませんでした。