スーパーシニアツーリング3  三重 湯ノ口温泉

   IMG_12103.gif
   今年も元祖おっさんツーリングに凝りもせずスーパーシニアが集合して
   いつものように昭和世代の感性とパワーが溢れる奇想天外なバイクの旅。

   IMG_4280osn2.jpg
   うあ″あああああああああ==!!  何事や=!!
   
   IMG_4281osn23.jpg

   カメラが落ちて壊れた。

   IMG_4282osn2.jpg
   何かありましたんかぁ~~

   IMG_4284osn2.jpg
   撮影用のカメラが走行中に路上落下というアクシデントが発生しましたが
   用意周到に予備カメラがありツーリングレポートは無事制作出来ます。

   IMG_4295osn2.jpg
   スーパーシニアの華麗なるツーリングが再開です。

   IMG_4291osn2.jpg
   ゴオォォォーーーー!!

   IMG_4296osn2.jpg

   IMG_2343osn2.jpg

   IMG_2326osn2.jpg
   何事も無かったようにスマートに休憩地点に到着したシニア達。

   IMG_2346osn2.jpg
   GL1800やで!!    凄い迫力やなあ!

   IMG_2347osn2.jpg
   RC45も凄い迫力ですがなぁ! 値打ちもんや!

   IMG_2348osn2.jpg
   シニア特有の優越感に浸る自慢合戦が展開されているようだ。

   IMG_2324osn2.jpg
   滋養強壮効果はもうひとつかな?

   IMG_2325osn2.jpg
   ZZZZZZZZ~

   IMG_2322osn2.jpg
   お疲れでしょうが出発ですよぉ~

   IMG_2367osn2.jpg

   IMG_2368osn2.jpg
   バイクは僕の永遠の恋人やぁー!

   IMG_2369osn2.jpg
   ガオォォォーーー!!

   IMG_2372osn2.jpg
   ナナハンは俺の愛人やでぇー!

   IMG_2373osn2.jpg
   ギユューーーン!!

   IMG_2377osn2.jpg
   去りし青春の再来ですぞぉー!

   IMG_2378osn2.jpg
   シユューーーン!!

   IMG_2382osn2.jpg

   IMG_2383osn2.jpg
   リポビタンでファイト一発やぁー!

   IMG_2384osn2.jpg
   ヒユューーーン!!

   IMG_2358osn2.jpg
   年は重ねても体で覚えた旧式ライディング技術は少々頼りないが 
   さすがスーパーシニア達は確かに乗りこなしているようだ。

   IMG_2388osn2.jpg

   IMG_4309osn2.jpg
   ブオォーーーン!!

   IMG_2395osn2.jpg

   IMG_4321osn2.jpg
   恐ろしい高さや恐怖を感じるわ!

   IMG_4328osn2.jpg

   IMG_4323osn2.jpg
   七色ダムのゲート上でシニア達の休憩タイムです。

   IMG_4329osn2.jpg

   IMG_4330osn2.jpg

   IMG_2398osn2.jpg

   IMG_4325osn2.jpg
   七色ダムは水力発電も行い堤上には国道169号線が通る構造です。

   IMG_2403osn2.jpg
   このダムが決壊したら大変やで!

   IMG_2405osn2.jpg
   日本の建設技術は世界一でしょう。

   IMG_4333osn2.jpg
   どこかみたいに手抜き工事は無いと思うが?

   IMG_4319osn2.jpg
   怖いから早く行こう!

   IMG_4334osn2.jpg

   IMG_4482osn2.jpg
   ドドドドドーーー!!

   IMG_2415osn2.jpg
   国道とは思えない林道のような169号線を幾度となくバランスを
   崩しながらも予定のコースを無事走破した。
   169号線はシニアにとっては厳しい酷道だったかも知れない。

   IMG_2417osn2.jpg

   IMG_2418osn2.jpg

   IMG_2419osn2.jpg
   旅の目的のひとつである昭和時代を感じる可愛いトロッコ電車に乗りたくて
   なんとか入鹿温泉駅に到着。かつて紀州鉱山で鉱石の運搬や人員輸送などに
   使用され、時と共に劣化しつつあるトロッコを観光用として復活したもので
   山の裏側の湯ノ口温泉と入鹿温泉を約1kmのトンネルで結んでいる。
   当時の車両を忠実に再現されており乗車して湯ノ口温泉を目指す。

   IMG_2428osn2.jpg
   出発進行!

   IMG_2437osn2.jpg
   ガタン ゴトン! ガタン ゴトン!

   IMG_2436osn2.jpg
   ヤッホー!!  乗り心地最高や!

   IMG_2432osn2.jpg
   色気のない車内だ。

   IMG_2439osn2.jpg
   前方の若い恋人らしき二人の姿がシニアには気がかりのようだ。

   IMG_2442osn2.jpg
   少年のように騒いでいるシニアのトロッコが湯ノ口温泉駅に到着。

   IMG_2447osn2.jpg

   IMG_2463osn2.jpg
   湯ノ口温泉は源泉かけ流しの熊野の秘湯として昔から親しまれて来た。
   その歴史は古く南北朝時代の記録にも記されている。

   IMG_2458osn2.jpg
   さっそく秘湯の湯に浸かるスーパーシニア達の表情が緩む。

   IMG_2454osn2.jpg

   IMG_2466osn2.jpg
   秘湯を存分に楽しんだシニアが再びトロッコで入鹿温泉に戻る。

   IMG_2468osn2.jpg

   IMG_4369osn2.jpg

   IMG_2449osn2.jpg
   湯上り後の熱った体にトンネル内の冷気が実に心地よい。

   IMG_2469osn2.jpg
   ゴオォォォーーーー!!

   IMG_2475osn2.jpg
   凄い轟音と震動やった!

   IMG_4385osn2.jpg
   ご乗車ありがとうございました!

   IMG_4386osn2.jpg
   子供が喜ぶだろうな!     逆に怖がるかも。

   IMG_2477osn2.jpg
   秘湯の湯ノ口温泉とトロッコ電車で昭和を感じる小さな旅を
   ひそやかに楽しんで今夜のお宿入鹿温泉に帰って来ました。

   IMG_2479osn2.jpg
   熊野川に映る沈む夕日を眺めながら楽しい宴会のお時間です。

   IMG_1120osn2.jpg

   IMG_1121osn2.jpg

   IMG_1122osn2.jpg

   IMG_1117osn2.jpg

   IMG_1127osn2.jpg
   昭和の大スター「スーパーシニア」の昔ながらの宴会が始まる。

   IMG_1128osn2.jpg
   それにしても今日のコースは少々堪えた。

   IMG_1129osn2.jpg
   この辺の国道はまるで林道みたいだよね!

   IMG_1130osn2.jpg
   国道というより酷道や。

   IMG_1138osn2.jpg
   存分にコーナーは楽しめたよ!

   IMG_1140osn2.jpg
   あんなスーパーバイクでよく走るね!

   IMG_4412osn2.jpg
   それが昭和のオッサンの不思議なところや!

   IMG_1143osn2.jpg
   懐かしい昔話や、政治情勢やら老後の話題など、在り来りの寂びた会話が
   シニアの特徴だ。色気の無い地味な宴会もお時間のようです。

   IMG_1144osn2.jpg
   紀和のすべてを食して頼りない足取りで部屋に戻るご一行。

   IMG_1148osn2.jpg

   IMG_1154osn2.jpg

   IMG_1151osn2.jpg

   IMG_1149osn2.jpg

   IMG_1166osn2.jpg
   お休み前の定番スタイルが繰り広げられているが、シニアは本が
   本当にお好きなようだ。常に勉強する姿勢はこの世代の習性かも
   夜更けと共にそれぞれの手元から本がこぼれ落ちた。

   IMG_1172osn2.jpg

   IMG_4462osn2.jpg
   旅立つ前に深い香りのコーヒーがシニアの目を覚まします。

   IMG_4463osn2.jpg

   IMG_2499osn2.jpg
   前日の走行距離を確認しながら悪路の国道走行をお互い認め合う。
   スーパーシニアの勇姿を記念に収め本日の目的地のひとつである
   丸山千枚田を目指す。

   IMG_4477osn2.jpg

   IMG_4481osn2.jpg
   再び狭い県道を突き進むシニア達。

   IMG_4484osn2.jpg
   うわぁ~!! 究極の逆バンクやぁー!

   IMG_4486osn2.jpg
   ああぁ~!! バイクが意思と違う方へ行く-!

   IMG_4489osn2.jpg
   危なかった!! もう少しでコケル所やった!

   IMG_4490osn2.jpg
   逆バンクの下り急カーブはテクニカルライダーでも神経をすり減らすが
   そんな鬼門のようなコースを足腰の弱ったシニア達は必死で乗り切った。

   IMG_1182osn2.jpg

   IMG_1183osn2.jpg

   IMG_1184osn2.jpg

   IMG_1185osn2.jpg
   のどかや! 絵の中を走っているようや!

   IMG_1186osn2.jpg
   なんとか転倒する事なく上ってきたシニア達の安堵の表情。

   IMG_1197osn2.jpg

   IMG_4510osn2.jpg
   先に頂上に向かうよ!

   IMG_1200osn2.jpg
   バイクも早いが気も早いな! 忙しい人や。

   IMG_1207osn2.jpg

   IMG_1212osn2.jpg

   IMG_1213osn2.jpg

   IMG_1226osn2.jpg
   頂上で地元のおばあちゃんに千枚田の歳時記を聞かされながら
   5人のシニアが風景に溶け込む。

   IMG_1221osn2.jpg

   IMG_1217osn2.jpg
   春の訪れに菜の花も満開。熊蜂も蜜集めに一生懸命です。

   IMG_4554osn2.jpg
   派手なこの45が20数年前のバイクとは思えん!

   IMG_1246osn2.jpg
   こんなジャジャ馬を良く操るよ! ありえへん人や!

   IMG_1241osn2.jpg
   日本の棚田百選に選ばれた丸山千枚田は1340枚の規模を誇る
   日本最大級の棚田で、その景観は日本一だと称されている。
   約400年前には2240枚の田畑があったそうだ。

   IMG_2505osn2.jpg
   燃料補給。ここでも今の日本を象徴する経済格差が見てとれます。

   IMG_2506osn2.jpg
   あれっ! みんなセルフ??

   IMG_2507osn2.jpg
   ハイオク満タンね! 毎度有り難うございます!

   IMG_2509osn2.jpg
   セルフで少しでも節約しないとね。

   IMG_2508osn2.jpg
   当然や! 老後に何があるか分からんからな!

   IMG_2510osn2.jpg
   給油時に燃費の良いバイクは助かるわ!

   IMG_2511osn2.jpg
   あれっ!  カードのお釣りが??   

   IMG_4558osn2.jpg
   とぼけたシニアはデジタル時代にすでに乗り遅れているようだ。

   IMG_4556osn2.jpg
   ブオォーーーン!!

   IMG_4557osn2.jpg
   ヒユューーーン!!

   IMG_4569osn2.jpg

   IMG_2526osn2.jpg

   IMG_2512osn2.jpg
   熊野古道を歩くのもええな!

   IMG_2513osn2.jpg
   若いって素晴らしいな!   もう一度戻りたい。

   IMG_2516osn2.jpg
   もうあんな所まで登ったよ!

   IMG_2528osn2.jpg

   IMG_2522osn2.jpg

   IMG_2520osn2.jpg
   バイクと同様にシニアライダーも燃料補給が完了して出発です。

   IMG_4575osn2.jpg
   同世代で気軽に楽しめる類い稀なシニア達のバイク旅も、この辺でいよいよ
   ファイナルステージ。気力体力の続く限り、シニア達は走り続けるはずだ。
   お馴染みのツーリングレポートの制作は、いつもながら根気のいる作業だが
   お客様の期待と喜びや垣間見せる表情など、色んなシーンを織り交ぜながら
   愛を込めて編集しております。
   本来ツーリングレポートはお客様に対する技研の熱い思いのひとつです。

                  いつも一緒、素敵な貴方と


   ブログランキング・にほんブログ村へ
   ブログランキングに参加しています。
   クリックにご協力お願いします。

該当の記事は見つかりませんでした。