スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーシニアツーリング1  岡山 般若寺温泉

   IMG_04381.gif
   少し前の企業戦士達が世の荒波に揉まれ、疲弊した老体を引きずりながら
   若き頃の自分の姿を思い浮かべ、あの時代に溶け込んで行く。
   オッサン達の黄昏模様と、未だ少年心が同居する摩訶不思議な旅物語。

   IMG_0092osan.jpg
   こぶしが咲く山々に包まれ、草花が芽をふく般若寺の春。
   懐かしさ漂う藁葺き屋根にオッサン達もひと時の安らぎを覚える。

   IMG_0097osan.jpg

   IMG_0099osan.jpg

   IMG_0061osan.jpg

   IMG_0045osan.jpg
   ここがお寺とは誰が知りえようか、修行僧の旧宿坊らしいが現在は
   一日二組の限定宿として素朴さを売りに家族で営んでおられる。 
   そんなのどかな宿を贅沢にオッサン達は貸し切りとした。

   IMG_0046osan.jpg
   お宿のご主人が春の匂いと自慢の景色を一生懸命伝えています。

   IMG_0047osan.jpg
   遠くに見ても後姿はやはりオッサンだ。

   IMG_0048osan.jpg

   IMG_0050osan.jpg

   IMG_0053osan.jpg
   余りの一生懸命さにオッサン達には少々不安がよぎりました。

   IMG_0057osan.jpg

   IMG_0058osan.jpg

   IMG_0059osan.jpg

   IMG_0127osan.jpg
   宿としての機能に不審感を抱きながら恐る恐る部屋に入った。

   IMG_0051osan.jpg
   心配は一瞬に払拭された。裏窓には清流吉井川のせせらぎ。

   IMG_0089osan.jpg
   表窓の障子を開けるとそこには桜に包まれた絵のような母屋。

   IMG_0080osan.jpg

   IMG_0079osan.jpg
   趣のある和室や設えに疑い深いオッサン達もここでひと安心。

   IMG_0075osan.jpg

   IMG_0129osan.jpg
   どうか豊かな老後が過ごせますように!

   IMG_0130osan.jpg
   切実な思いを願うのはオッサン達に共通した願望である。

   IMG_0131osan.jpg
   賽銭も供えたので一応安心かな?

   IMG_0132osan.jpg
   俺も大枚突っ込んだぞ!!

   IMG_0133osan.jpg
   これで老後は安泰や!

   IMG_0135osan.jpg
   この世の仏頼みはなかなか成就せん。

   IMG_0136osan.jpg
   そう言うことで俺は賽銭を納めんぞ!

   IMG_0137osan.jpg
   賽銭を未納した分ちょっと温いわ!

   IMG_0515osan.jpg
   わぁー!! 賽銭が足らんのか!

   IMG_0447osan.jpg
   御仏のお怒りや!!

   IMG_0453osan.jpg
   神仏にはいずれお世話になるからね。

   IMG_0480osan.jpg
   なにを騒いどる!! 露天はええぞ~

   IMG_0510osanma.jpg
   どうや! ドァーは無いし最高や!

   IMG_0438osan.jpg
   それにしても心和む景色や!

   IMG_0444osan.jpg
   もう少し湯温が高いと言うこと無し。

   IMG_0454osan.jpg
   それを言うな賽銭を未納しとんやから!
     納めざる者には湯も冷ややかや。

   IMG_0114osan.jpg
   2本ある源泉は38度と40度たしかに年老いたオッサンには物足りない。
   目の前の吉井川の水量によって湯温は変動するらしいが、オッサンではなく
   水も滴る美しい女性ならば自然も大いに喜んで応えてくれただろう。
   やはり技研の綺麗どころを連れてくればよかったか。

   IMG_0460osan.jpg
   おーい内湯と替われ! 寒い寒い!

   IMG_0464osan.jpg
   ちょっとだけよ!! あんたも好きね。

   IMG_0116osan.jpg
   古いギャグをいつまでも使うのがオッサンの特徴でもある。

   IMG_0504osan.jpg
   ドァーを壊して何事も無かったように湯に浸かるこの厚かましさ
   これはオッサンの最大の武器かも知れない。

   IMG_0126osan.jpg
   可憐な藤色の灯台ツツジが吉井川の翠と美しく調和している。

   IMG_0124osan.jpg
   お楽しみの今宵の宴の刻がまいりました。

   IMG_0147osan.jpg
   障子を引き寄せ自然の絶景を眺めながらの贅沢な宴が始まります。
   拘りのスタイルこれもオッサンには欠かせない。

   IMG_0181osan.jpg

   IMG_0182osan.jpg

   IMG_0183osan.jpg

   IMG_0209osan.jpg

   IMG_0207osan.jpg

   IMG_0184osan.jpg

   IMG_0185osan.jpg

   IMG_0187osan.jpg
   秘境の宿を取り巻く山々が育てた旬の食材で造られる料理の数々
   美しく仕上げられた薄味は、くたびれたオッサンにはたまらない

   IMG_0180osan.jpg
   悠久の乾杯!

   IMG_0202osan.jpg
   この世代はどんな試練が待ちうけようと、諦めずに常に夢を追い貫く
   そんな一途な思いが髪の色を白く彩る。決して伊達ではない。

   IMG_0203osan.jpg
   決めた道を迷うことなく、真剣に自分自信に勝負してきたオッサン達だが
   老いてもその表情には確立された自信がみなぎる。

   IMG_0198osan.jpg

   IMG_0188osan.jpg
   しみじみ語る人生に、愚痴もこぼさず聞き入る琥珀の麦酒。

   IMG_0228osan.jpg
   弥生の夜空に浮かび上がる桜と藁葺きが実に幻想的で美しい。

   IMG_0226osan.jpg

   IMG_0222osan.jpg

   IMG_0232osan.jpg

   IMG_0245osan.jpg

   IMG_0244osan.jpg

   IMG_0248osan.jpg

   IMG_0210osan.jpg
   背中を丸めてストーブに寄り添う。 これぞ究極のオッサン印。

   IMG_0161osan.jpg
   就寝時間もやたら早いのがこの世代の最大の特徴かも知れない。

   IMG_0160osan.jpg
   お疲れ様ごゆっくりお休みください。

   IMG_0254osan.jpg
   白い桜と清流吉井川のせせらぎが山の朝を告げています。

   IMG_0155osan.jpg

   IMG_0154osan.jpg
   懐かしい故郷の味と香りが漂ってきました。

   IMG_0265osan.jpg

   IMG_0266osan.jpg

   IMG_0267osan.jpg

   IMG_0268osan.jpg

   IMG_0269osan.jpg

   IMG_0270osan.jpg

   IMG_0272osan.jpg

   IMG_0259osan.jpg

   IMG_0261osan.jpg
   故郷のおふくろの味に感激するオッサン達です。

   IMG_0262osan.jpg
   素敵なおもてなしをありがとう!

   IMG_0093osan.jpg
   感謝の気持ちを常に忘れずに、この世代は辛抱強く優しいのだ。

   IMG_0537osan.jpg
   別れを惜しんで可愛いお婆ちゃんと一緒に。

   IMG_0538osan.jpg
   また来てくだされや!

   IMG_0544osan.jpg
   なごり惜しいので振り向かずに来た道を登るオッサン達。

   IMG_0545osan.jpg
   そんな後ろ姿を見えなくなるまでお婆ちゃんは見送ってくれました。

   IMG_0091osan.jpg
   一概にオッサンと言うがその境地に達するまでは、人生の辛酸を舐め尽くし
   決めた道を不撓不屈で自分と戦いながら築き上げてきた。
   オッサンは素晴らしい存在なのだ。そもそもツーリングなのに二輪が一度も
   出てこない。当然であるオッサンは自分のバイクを誇らしげに自慢はしない。
   大人だから。

                  いつも一緒、素敵な貴方と


   ブログランキング・にほんブログ村へ
   ブログランキングに参加しています。
   クリックにご協力お願いします。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。