地図のない旅 真夏の一円電車とそうめん流し 

   IMG_0391sou4.jpg
   焼け付きそうな炎天下のもと涼をもとめてとにかく走る!走る!走れば
   爽快快適なバイクの旅。

   IMG_2866soumenn.jpg
   ご安心下さい! 一応オリジナル地図はあるんです。

   IMG_2878soumenn.jpg
   大人気の「CB1100」を三色三連ちゃんのローアングルで撮ってみた。

   IMG_0599soumenn.jpg
   3台並ぶとカッコええな~~

   IMG_0597soumenn.jpg
   俺のブラック“紳士的”なバイクや!!
   私のホワイト“淑女的”なバイクだわ!!

   IMG_6869soumenn.jpg
   どこが紳士で、淑女よ・・。
   二人とも“子供”みたいじゃない。

   IMG_6871soumenn.jpg
   バイクに乗ると“子供”のように嬉しくなるの。
   いい~え、いいのよ、実は私も・・。

   IMG_6873soumenn.jpg
   やばい~!! 聞こえていたみたい!?
   たしかにバイクは心躍るけどね。

   IMG_2880soumenn.jpg
   デザインセンスは私好みだな~
   来年もう一台増えるかもよ!?

   IMG_6881soumenn.jpg
   俺はCB1300ボルドールがええけどなぁ
   それもABS仕様!?

   IMG_2874soumenn.jpg
   お二人とも期待しておりますので今後ともぜひよろしく・・!!

   IMG_2877soumennナンバー
   ぐずぐずしないで出発しますよ!!
   早く走らないと暑くてたまらん・・。

   IMG_2886soumenn.jpg IMG_2887soumenn.jpg
   IMG_2892soumenn.jpg IMG_2897soumenn.jpg
   IMG_2901soumenn.jpg IMG_2906soumenn.jpg
   IMG_2913soumenn.jpg IMG_2919soumenn.jpg
   IMG_2925soumenn.jpg IMG_2932soumenn.jpg
   IMG_2941soumenn.jpg IMG_2949soumenn.jpg
   IMG_2955soumenn.jpg IMG_3048soumenn.jpg

   IMG_6879soumenn.jpg
   やっぱり「CB1100」いいですよ。

   IMG_2973soumenn.jpg

   IMG_6893soumenn.jpg
   夏の風物詩「そうめん流し」を楽しみます。

   IMG_6890soumenn.jpg

   IMG_6889soumenn.jpg
   ついに来たぞ~ そうめん早く食べたい!!

   IMG_6888soumenn.jpg
   どう・・疲れなかった!?
   楽しく快適だったわ!!
   ねぇ~私は聞いてくれないの??

   IMG_6897soumenn.jpg
   あえて屋外ステージ貸切りです。

   IMG_6902soumenn.jpg
   (播州揖保の糸) 氷ノ山系冷水で味わう

   IMG_6899soumenn.jpg
   これが「揖保の糸」旨そうだな!!

   IMG_6901soumenn.jpg
   暑いのに、わざわざ屋外で食べるとは・・
   よう~やるで~

   IMG_6905soumenn.jpg
   いや~うまい!なん杯でも行くぞー!!
   粋なタオルなかなかお似合いよ。

   IMG_6906soumenn.jpg
   ちょっと食べすぎじゃないですか??
   僕も先ほどからそんな気が・・。

   IMG_6915soumenn.jpg
   あの人たち“桶”何階建てにする気かしら。

   IMG_6908soumenn.jpg
   私たちは上品に行きましようね。

   IMG_0609soumenn.jpg
   当然です。

   IMG_0620soumenn.jpg
   恥ずかしいぐらい凄い高さね!!
   そっ、そぉ~ですね・・。

   IMG_6912soumenn.jpg
   こちらは静かに味わっています。

   IMG_6922soumenn.jpg
   ニジマスが旨めぇ~~
   僕も食べようかな・・。

   IMG_6917soumenn.jpg
   播磨の風土と揖保川の清流に育まれて500余年
   手延素麺「揖保の糸」は良質の小麦粉・揖保川を中心とした
   播磨地方の清流・赤穂の塩を原料とし、
   伝統の製法で幾度も成熟をかさねて作りあげた逸品です。

   IMG_2983soumenn.jpg
   そばの池ではニジマスが元気に泳いでいます。

   IMG_6918soumenn.jpg
   塩焼きにすると・・ほら美味しいそうでしよう。

   IMG_6919soumenn.jpg
   みんな大満足のようです。

   IMG_3013soumenn.jpg

   IMG_6923soumenn.jpg
   お腹が満たされたところで次のポイントに向かいます。

   IMG_6925soumenn.jpg

   IMG_6926soumenn.jpg

   IMG_6927soumenn.jpg

   IMG_6928soumenn.jpg

   IMG_6929soumenn.jpg
   何回もいいますけど奥に見える「CB1100」やはり最高ですよ。

   IMG_6931soumenn.jpg
   安全運転でいきますから遅れないようにね。

   IMG_6932soumenn.jpg

   IMG_6933soumenn.jpg

   IMG_6934soumenn.jpg

   IMG_6935soumenn.jpg

   IMG_6940soumenn.jpg
   第二ポイントに到着。

   IMG_6937soumenn.jpg

   IMG_6938soumenn.jpg
   暑い、暑いーー!!
   まるでハチに刺された位暑いーー!!

   IMG_2971soumenn.jpg
   言っとくけどオイラ“美女”は刺さね~だ。

   IMG_3000soumenn.jpg
   おっ、おたまじゃくしがこんなところに??

   IMG_2999soumenn.jpg

   IMG_3004soumenn.jpg
   みんなポストが冷たくて涼しいよ。

   IMG_3002soumenn.jpg
   しばらく休憩タイムです。

   IMG_6946soumenn.jpg

   IMG_6947soumenn.jpg

   IMG_3007soumenn.jpg

   IMG_3009soumenn.jpg

   IMG_3006soumenn.jpg

   IMG_6948soumenn.jpg

   IMG_0391soumenn.jpg
   <特別追加映像> 
   客車「くろがね号」を連結した明神電車です。

   IMG_0396soumenn.jpg
   明かりは薄暗い裸電球数個で、車内は大変狭くピーク時は二十人ほどが
   膝を突合せて乗り込みました。

   IMG_0398soumenn.jpg
   「くろがね号」は大人一人でこのありさまです。
   <車内の老人は当時の現役運転手さん> 

   IMG_6944soumenn.jpg
   運賃1円。
   日本―安い鉄道が、兵庫県養父市(旧大屋町)の明延鉱山にあった。
   産出したスズを大量輸送するため三菱系の鉱山会社が開通させた明神電車だ。
   明延~神子畑間(6km)そのほとんどがトンネルで狭い客車内は薄暗く
   最盛期には一日に何往復も乗客輸送をしていました。また、当時の
   パンタグラフは大変お粗末でトンネル内でよく走行不能に陥り大変でした。
   高度成長期には人口も四千人に膨らみ、「東京にあるものはすべてある」
   と言われるほどに繁栄していました。
   目抜き道りには飲食店街、電器店、衣料品店、食料品店、美容室、百貨店
   時計店、クリーニング店、おもちや雑貨店、パチンコ店、旅館などなど
   約50の専門店が並び、鉱山従業員は住宅・電気・水道高熱費などは
   ほぼタダ同然で、また鉱山会社が従業員のための厚生施設として
   テニスコート、バレーコート、ビリヤード、プール、図書館、大型病院
   大型スーパーマーケット、大浴場、写真の劇場付映画館など充実した夢の町。
   まさしくお山の天国でした。
   特に劇場付映画館では、封切の新作が毎週二本立て、三本立てで上映され
   年に一度の山神祭には、時のトップスター達の公演が開催され
   当時20才の島倉千代子さんが「東京だょおっ母さん・からたち日記」
   などを熱唱しました。
   その時代の人には懐かしい歌手「畠山みどり・神戸一郎・井沢八郎さん」など
   毎年人気歌手が公演におとずれ町の人を楽しませた。

   IMG_6956soumenn.jpg
   全員で記念撮影。

   IMG_6958soumenn.jpg
   第三ポイントを目指して先を急ぎます。

   IMG_3025soumenn.jpg

   IMG_0664soumenn.jpg
   第三ポイントに到着。

   IMG_0653soumenn.jpg
   明治から昭和まで鉱山で栄えた明延と神子畑です。
   明延鉱山で採掘された鉱石はここ神子畑で選鉱・精錬されました。

   IMG_3027soumenn.jpg

   IMG_6962soumenn.jpg
   ムーセ旧居(旧神子畑鉱山事務舎)

   IMG_0660soumenn.jpg
   明治5年(1872)に生野鉱山外国人宿舎として建設されました。
   明治20年に神子畑鉱山の開発とともにこの地に移設され、事務舎
   診療所として利用されてきました。フランス人技師のムーセが暮らした
   建物と言われ、ムーセ旧居の名で親しまれています。

   IMG_6963soumenn.jpg
   神子畑選鉱所跡地

   IMG_6964soumenn.jpg
   当時はこの場所に大スケールの選鉱所が存在していました。

   IMG_6965soumenn.jpg
   ムーセ旧居内部

   IMG_6967soumenn.jpg

   IMG_6971soumenn.jpg
   すんげぇ~設備やなぁ~

   IMG_6972soumenn.jpg
   なんと大掛かりな!
   昔の人はとにかく凄い!

   IMG_6974soumenn.jpg

   IMG_6975soumenn.jpg
   いろいろ勉強したところで記念撮影。

   IMG_6976soumenn.jpg

   IMG_6978soumenn.jpg
   楽しかった【地図のない旅】もそろそろ終わり。
   最後のワインディングですよ。

   IMG_6990soumenn.jpg

   IMG_6991soumenn.jpg

   IMG_6992soumenn.jpg

   IMG_6993soumenn.jpg

   IMG_6994soumenn.jpg

   IMG_7007soumenn.jpg
   あぁ~疲れた~~
   でも充実したツーリングやった満足、満足。

   IMG_3041soumenn.jpg
   ど、根性・無事カエル!!


                  いつも一緒、素敵な貴方と


   ブログランキング・にほんブログ村へ
   ブログランキングに参加しています。
   クリックにご協力お願いします。

該当の記事は見つかりませんでした。