小豆島 不朽の名作「二十四の瞳」をたずねて

   小豆島
   小豆島出身の作家 壷井 栄の小説「二十四の瞳」
   岬の分教場に赴任してきた「おなご先生と12人の教え子との20数年に
   わたる交流を描いた」不朽の名作に思いをよせて。

   01.jpg
   すがすがしい秋空の朝
   ワイワイ・ガヤガヤいつもの「スター達」が眠そうに集まってきました。

   02.jpg
   本日はフェリーを利用しますから
   皆さんおくれないように。
    アイアイサー!!
   なんか勘違いしているみたい・・?

   03.jpg
   全員無事に「日生フェリーターミナル」に到着。

   IMG_1023.jpg
   ついに「タイタニック号」がきたぞ~
   キャプテン“谷やん”なんかたくらんでいるな・・その顔は?

   04.jpg

   05.jpg
   瀬戸内海の心地よい潮風にデッキも快適です。

   IMG_1027.jpg
   初めての参加ですけど楽しみだわ~!!
   ワクワク。
               この社長のツーリングプランは
               いつも“最高”に楽しいよ。

   IMG_1029.jpg
   ローズお嬢!
     「小豆島」が見えるだろう~!!
   ジャック!!
     恥ずかしいから「バカ」は、
               やめてぇ~!!


   09.jpg

   IMG_1030.jpg
   ゆかいな人たち・・!?
     おとなりは少々お疲れのようですわ。


   IMG_1031ナンバー

   06.jpg
   ついに小豆島に到着。
   みなさん忘れ物のないように。

   10.jpg
   四十四の瞳はそろっているかな?
   はーい。
   たぶん全員そろっていますよ~

   07.jpg

   08.jpg
   寒霞渓にて勝手に「プロの設備」を占領!!
   みんな子供みたいで困ったもんだ。




            切なく胸に響く笑い声、懐かしく語りかける風景。
   
   IMG_1034.jpg   
   
24 のコピー

   昭和3年4月4日、普通選挙法が施行された激動の時代に、農山漁村の名が
   全部あてはまるような瀬戸内べりの一寒村に、若い女先生が赴任してきた。
   子供達と真正面に向き合う大石先生の姿勢は、頑なであった村の人々にも
   共感を得ていく。しかし上海事変を経て太平洋戦争へ、大石先生の教え子も
   時代の激流にながされていく。

   12.jpg
   大石先生は、ケガでお休みなので
   今日は教頭のわたしが・・。
   名前を読まれたら、はーいと大きな声で
   手を上げて・・!!

   竹一。  正。  仁太。  磯吉。  富士子。

   13.jpg
   元気に手をあげる賑やかな生徒たちです。
   大石先生は可愛い女性なのだから「あやや」にしてほしかったなぁ~

   14.jpg
   先ほどのデッキでの「タイタニック号」は
    いったいなんだーー!!!
   ジャックは私がやりたかったのに・・・。
    一人でいい思いして・・・プン、プン。

   15.jpg
   なんや、磯吉はまた説教されとるんか・・?
      そりゃ・・ひとつ間違えば
        “セクハラ”やで・・。

   16.jpg

   17.jpg
   ほないくでぇ~

   18.jpg
   うまく運転してや、社長のことやから
   また穴ぼこに落とすで!?


   19.jpg
   見たかーー!!
          キャプテン“谷やん”の竹馬・・・

   あれっ!?  すすまへん・・・。

   20.jpg
   かっこ悪いヘッポコスタイルだわ。

   21.jpg

   22.jpg
   キャプテン“谷やん”の竹馬より
   「醤油アイス」のほうがいけてるわょ。


   23.jpg
   なるほど上手だわ。
              なっとく、なっとく。


   24.jpg

   IMG_1076ナンバー

   25.jpg
   本日お泊りのホテルに到着です。

                       宴会ライブラリー


   IMG_1041.jpg

   26.jpg

   27.jpg

   28.jpg

   29.jpg

   30.jpg

   31.jpg

   32.jpg

   33.jpg
   ♪♪好きよ~好きよ~好きよ~♪♪     
     
        なら もう“一杯”いかが??

   34.jpg
   好きよの“意味”がちがうでぇ~       

   35.jpg
   今回もなかなか感動的で
      おもろいツーリングやわ!!

   みんな子供のように楽しんでいたね。

   37.jpg
   大石先生と12人の教え子
   
   IMG_1051.jpg
   「四十四の瞳」の生徒たち。

   38.jpg
   壷井 栄の「二十四の瞳」岬の分教場では感動の名作体験でした。

   39.jpg

        仰げば尊し わが師の思
        教の庭にも はやいくとせ
         思えばいと疾し このとし月
         今こそわかれめ いざさらば



                  いつも一緒、素敵な貴方と


   この企画では小豆島 ホテル水明様のご協力をいただきました。 

   ブログランキング・にほんブログ村へ
   ブログランキングに参加しています。
   クリックにご協力お願いします。
        

該当の記事は見つかりませんでした。